ドラマ「CHANGE」の動画が1話から無料で視聴できる配信サービス

FODのCHANGE

2008年にフジテレビ系で放送され、総理大臣となった木村拓哉さんの演技も話題となった「CHANGE」。

この記事ではドラマ「CHANGE」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、CHANGEはフジテレビが提供しているFODプレミアムで独占見放題です。

FODプレミアム
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
Paravi

FODプレミアムは月額888円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. ドラマ「CHANGE」はFODプレミアムで全話見放題
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額888円でフジテレビの人気ドラマやバラエティーが見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

\登録は3分で完了!/

ドラマ「CHANGE」はFODプレミアムで見放題

FODプレミアムのトップページ

フジテレビがサービス提供しているFODプレミアムでは、ドラマ「CHANGE」が見放題です。

全10話がすべて視聴できます。

CHANGEのエピソード

またFODプレミアムではフジテレビで放送されてきた人気ドラマやバラエティーも見放題。

ラインナップの一例は以下の通りです。

FODのランキング

FODプレミアムは月額888円ですが、2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずは「CHANGE」をイッキ見しましょう!

FODプレミアムの登録方法

FODプレミアムの登録手順を写真つきで解説します。

STEP.1
公式サイトに移動
FODプレミアム登録①

FODプレミアム公式サイトに移動し「今すぐはじめる」をタップします。

STEP.2
FODアカウントを作成
FODプレミアム登録②

FODアカウントを作成するため、メールアドレスとパスワードを入力します。

STEP.3
決済方法を選択
FODプレミアム登録③

無料体験が適用されるクレジット決済かAmazon Payを選択します。

STEP.4
無料期間を確認
FODプレミアム登録④

無料体験の期間が表示されるので、スマホなどにメモしておくと忘れません。

STEP.5
クレジット情報を入力
FODプレミアム登録⑤

クレジットカード情報を入力して登録を完了させます。
無料期間中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されるので安心です。

管理人

登録は3分ほどで完了します!

ドラマ「CHANGE」のあらすじ・感想をピックアップ!

あらすじ
内閣支持率はここ10年で最低の数字をたたき出していた。
ある日、福岡選出の与党議員・朝倉誠と後継者である長男が事故で死亡、補欠選挙が行われることになった。与党にとっては総選挙に影響するため負けられない選挙。与党総務会長・神林正一(寺尾聰)と秘書の美山理香(深津絵里)は候補者に父・誠に勘当された啓太という次男に目を向ける。
長野の小学校。そこに5年生の担任、朝倉啓太(木村拓哉)がいた。子供たちにからかわれるとぼけたキャラクターながらも子供たちに慕われ、大好きな天体観測も思う存分堪能し、充実した日々を送っていた。
啓太を訪ねて長野まで理香がやってくる。選挙に出るよう説得するためだが啓太はまったく政治には興味がない。啓太は高校卒業後、星の美しい場所で暮らしたいという理由で福岡を離れ信州の大学に進み、教師となったのだった。選挙に勝つためには身内を出して弔い合戦を演出するのが1番。無理を押して立候補しようとする母・貴江(富司純子)を前にしてもはや断れない啓太は、渋々立候補を決意する。
引用元:FODプレミアム公式サイト

次に「CHANGE」を視聴した人の感想を集めてみました。一部ネタバレを含みますが、ご了承ください。

政治家嫌いの小学校教師が父親の死をきっかけに、政治の世界で奮闘する様子が見ごたえある作品です。父親が政治家だったとはいえ、普通の教師だった主人公が内閣総理大臣にまでなる様子は新鮮で面白かったです。主人公の朝倉啓太は一見は政治家には見えませんが、正義感が強く真っすぐな性格に好感を持てました。
啓太役の木村拓哉さんは頼れる雰囲気が役柄に合っていて、もし現実でも啓太のような政治家が現れたら多くの国民に支持されるだろうと感じました。現実の政治の世界でもいないタイプですが、希望を感じるような人がいてくれることは大切だと改めて思いました。
秘書の美山理香をはじめ、啓太をサポートしてくれる周りの人たちの存在にも感心しました。一人だとできることは限られますが、同じ志を持ったチームがあることへの心強さを感じました。政界の裏を感じて歯がゆい気持ちになることもありましたが、国民のことを本気で考えてくれる人たちの気持ちに心を打たれました。
政治に焦点を当てたストーリーではありますが硬い言葉を使い過ぎていないので、分かりやすさを感じました。明るく展開されていくストーリーは政治に興味を持てない人でも楽しめると思うので、幅広い層に見てほしいと感じた作品です。
ドラマ「CHANGE」は小学校教諭をしていた朝倉啓太(木村拓哉)が、議員だった啓太の父と父の後継者であった啓太の兄が同時に事故死したことから国会議員に出馬するドラマです。
啓太は父からも勘当され大の政治嫌いです。
そんな彼に出馬するよう勧めた総理大臣・鵜飼(伊藤四郎)の秘書・美山理香(深津絵里)の強引さは深津さんがうまく演じていました。母親に出馬してもらうと言われたら啓太も断れないなと感じました。
必勝選挙プランナー韮沢勝利(阿部寛)が、政策は当選してから覚えろと言ったのも驚きましたが、あの場合は確かにそうだなと思いました。
選挙中に過去の父親の疑惑を正直に認めた啓太はやっぱり木村拓哉さんだもんなと思いながら見てて、政治のことが何もわかってないのに政治家になれるだろうかとハラハラしました。
美山と韮沢が最高のコンビで支えているところがこのドラマの見どころです。
啓太は総理大臣になってからも自分で資料に目を通し自分の頭できちんと考えて行動します。そんなことは当たり前に感じますが、総理大臣としては当たり前ではないのです。
外国からの圧力に対しても一歩も引かずに対処した啓太はカッコよかったです。
現実の日本でもそうであれたらいいのにと痛切に感じました。ちょうど日本でも政権交代の時期でした。ドラマのようにはいかなくでも、啓太のようにもう少しこども達の未来のために真剣に向き合ってくれる議員さんが増えたらいいなと切に願いました。
なぜなら私は次男の出産で入院中にこのドラマの最終回とその1話前の回を見ていたからです。最終回は感動しました。涙を流しながら画面に集中していました。
もう本当に木村拓哉さんに総理大臣になってもらいたいと思ったくらいです。ドラマの域を超えてるなと感じました。魂が揺さぶられました。
様々な役を演じている木村拓哉さんがこのドラマでは小学校の先生から政治家へとそして総理大臣を演じていく役ですが、現実的にはありえないような展開で、ドラマならではのフィクションならではのドラマでこれはこれで楽しく見られたドラマでした。国会王子と呼ばれたり総理大臣として走り回ったりと木村拓哉さんの存在感が際立っているドラマでしたが、こんな総理大臣いたら良いのになと思える人物像でした。
また、このドラマでは主演の木村拓哉さんを始め、深津絵里さんや阿部寛さん、加藤ローサさん、寺尾聡さん、西村雅彦さん、平泉成さん、鈴木浩介さんなど豪華で個性豊かなメンバーが出演しているのも見どころでもあります。中でも主演ではないですが、存在感を出していたのが阿部寛さんで、選挙のスペシャリストや民間で内閣官房長官を務めたりとあっと驚かせるようなことをして楽しませてくれました。
ドラマとしても政治ドラマとなると硬いような内容をイメージがありますが、このドラマは真面目なシーンもありますが、コメディタッチのドタバタシーンも多くありメリハリがついていて見ていて飽きないと思います。見どころとしては木村拓哉さんが最終回で総理大臣を辞任をする際に国民へ話す会見のシーンはすごく心にしみた良い場面でした。
父親が政治家というだけで亡くなった父の弔い選挙に出馬することになった、朝倉啓太(木村拓哉)。
政治に興味がなく、田舎で小学校教師をしていた朝倉が、あっという間に総理大臣になってしまう驚きの展開でした。
政治は人脈というけれど、ドロドロした自分の利益だけしか求めていない政治家の中で、朝倉のピュアさが際立って輝いていました。
どんな仕事にも手を抜かず、人の話をしっかり聞き、一般人の感覚を忘れない総理大臣なんていない。
そう思いながらも、朝倉の人柄・仕事への姿勢に美山理香(深津絵里)秘書官や朝倉を取り巻く人たちが引き込まれていきます。
多分、ドラマを見ている人たちも一緒に引き込まれていったはずです。
こんな総理大臣を見たことがなかったという思い、自分の何倍も働いている朝倉の力になりたいという思いから、一致団結していく人々の姿も心地よかったです。
尊敬できるリーダーの元、一致団結したチームの、国を良い方向へ導きたいという思いを邪魔しようとする政治家も出てきます。
でも、一生懸命さ・正直さ・カリスマ性でどんな難題も解決していく姿が格好良かったし、気持ちよかったです。
朝倉と美山の不器用な恋愛模様にもドキドキさせられるドラマになっています。
この作品が放送されたのは2008年の春から夏にかけてです。その頃の政治状況は、1年ごとに総理大臣が交代するという酷いものでした。小泉時代政治がワイドショー化したとはいえ、国のトップである総理大臣の存在がこれほど軽く扱われていた時期はないと思います。
そんな中で発表されたこの作品の内容を聞いて、ついに政治がおもちゃのように遊ばれる存在になったと感じました。2世ながら政治の世界から離れていた小学校教師が、父親の死をきっかけに出馬しそのまま総理大臣になるというファンタジーのような展開に怒りを通り越し呆れてしまったのです。
しかし、実際の作品を見ると、この感想が間違えていることに気づきます。なにより、この中身のない内容の作品を木村さんが引き受けるはずがなかったのです。
そして、この作品から一番強く感じられるものは言葉の力です。
それを最初に感じたのは、アメリカとの通商交渉の議論の場面で木村さんが語った時でした。話し合うことでわかるのは、お互いが絶対に交われない違いの部分だという話にはシビれました。これこそが、民主主義で一番大切な議論の根幹だと今でも肝に命じています。
さらに、何度でも見返したいと感じさせるのが最終回での生放送による演説です。総理として国民に直接語り掛ける木村さんの姿は、数年前に見た小泉氏の郵政解散の時と同じ覚悟が伝わってくる迫力がありました。
今の政治で言葉の軽さを感じている人に、この作品を見返すことをお勧めします。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

\登録は3分で完了!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です