ドラマ「義母と娘のブルース」の動画が1話から無料で視聴できる配信サービス

義母と娘のブルースのメインビジュアル

2018年にTBS系で放送され、綾瀬はるかさん演じるキャリアウーマンの奔走を描いた「義母と娘のブルース」。

この記事ではドラマ「義母と娘のブルース」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、「義母と娘のブルース」はTBSがサービス提供しているParavi(パラビ)で独占見放題です。

Paravi
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム

U-NEXTやAmazonプライムビデオでも配信はありますが、1話あたり330円課金が必要となってしまいます。

でもParavi(パラビ)なら全話見放題で、2020年のTVスペシャルも視聴できます。

Paraviは月額1,017円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. 「義母と娘のブルース」はParaviで全話見放題
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額1,017円でTBSやテレビ東京のドラマやバラエティーが見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

ドラマ「義母と娘のブルース」はParaviで全話見放題

Paraviのトップページ

TBSやテレビ東京、WOWOWなどが連携している動画配信サービスのParavi(パラビ)では、「義母と娘のブルース」が全話見放題です。

未公開シーンを含んだTVシリーズ全話に加え、2020年の新春スペシャルも視聴できます。

paraviの義母と娘のブルース一覧
義母と娘のブルースのエピソード

またParaviでTBSやテレビ東京で放送された歴代ドラマやバラエティーなどが見放題です。

paraviのランキング

Paraviは月額1,017円ですが、初回2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずは「義母と娘のブルース」をイッキ見しましょう!

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

Paraviの登録方法

Paraviの登録手順を写真つきで解説します。面倒な手続きもなく、2分ほどで完了しますよ。

STEP.1
公式サイトに移動
Paraviの登録方法①

Paravi公式サイトに移動し「まずは2週間無料体験」をタップします。

STEP.2
アカウントを作成
Paraviの登録方法②

アカウントの作成方法を選びます。
メールアドレスのほか、外部アカウントでも登録可能です。

STEP.3
情報を入力
Paraviの登録方法③

名前、メールアドレスなどを入力します。

STEP.4
支払い方法を選択
Paraviの登録方法④

支払い方法を選択し、決済情報を入力します。
無料体験中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されます。

STEP.5
登録完了
Paraviの登録方法⑤

規約同意にチェックを入れて「登録する」をタップします。

管理人

登録は2分ほどで完了します!

ドラマ「義母と娘のブルース」のあらすじ・キャストは?

あらすじ
数年前に母親を亡くし、父親の 良一 (竹野内豊) と父一人子一人で生きてきた 宮本みゆき (横溝菜帆)。
そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。彼女の名前は 岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、みゆきの新しい義母になる女性であった。
そんな亜希子とみゆきの初対面の日。亜希子はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」 と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴。「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」 謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリ。慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。
引用元:Paravi公式サイト

宮本 亜希子 … 綾瀬はるか
宮本 良一 … 竹野内 豊
麦田 章 … 佐藤 健
宮本 みゆき (高校生) … 上白石萌歌
黒田 大樹 (高校生) … 井之脇 海
宮本 みゆき … 横溝菜帆
黒田 大樹 … 大智
友井 智善 … 川村陽介
西条 乙女 … 橋本真実
猪本 寧々 … 真凛
前原 大輔 … 村本大輔 (ウーマンラッシュアワー)
ユナ … 水谷果穂
宮本 愛 … 奥山佳恵
麦田の父 … 宇梶剛士
矢野 晴美 … 奥貫 薫
田口 朝正 … 浅利陽介
笠原 廣之進 … 浅野和之
下山 和子 … 麻生祐未

ドラマ「義母と娘のブルース」の感想をピックアップ!

「義母と娘のブルース」を視聴した人の感想を集めてみました。一部ネタバレを含みますが、ご了承ください。

綾瀬はるかさんのコメディアンヌの才能がいかんなく発揮された作品だと思います。
仕事が完璧で一見ロボットのようだけど、どこか抜けている天然な部分も持ち合わせており、とても素晴らしいキャラクターです。
なぜ彼女が義母としてやってきたのか、また謎に毎回どこかで登場する佐藤健さんの存在など伏線も多く張っています。
この伏線を回収していく過程も、見ごたえのあるポイントと言えるでしょう。
ドラマの内容自体は、笑って泣けるホームコメディーです。
娘のみゆきちゃんと主人公の義母との関係性も、次第に心暖まる場面が増えてきて涙腺を緩められます。
まるで本当の親子、いやそれ以上の絆を感じることができました。
血は繋がっていないのに同じような間違いをしたり、色々とシンクロする場面が特にお気に入りのシーンです。
見ていて非常にほっこりします。
これといって嫌な登場人物も出てこないし、辛らつなシーンもないので家族で安心して見れる内容だと思います。
また、近年こういったホームドラマは減少傾向にありました。
しかし、このドラマのヒットによって再びホームドラマに脚光が当たるキッカケになったのではないでしょうか。
そのくらい演出や脚本が素晴らしく、多くの人を魅了する内容だったと思います。
見どころは、一流企業の営業部長として活躍していた綾瀬はるかさんが、突如退職して横溝菜帆さんの義母になる。初対面の挨拶は名刺を差し出して、ビジネス界の挨拶。次は、履歴書を書いて小学生の子に自分が母親になることを認めて貰おうとするシーンと、意外性がありながらも会社員として生きてきて、恋愛に不慣れな女性としては何となくありかな?という気にさせるシーンでもあり大変面白かった。
恋愛に不慣れな人が真面目に小学生に認めてもらう努力をしている行動が突飛過ぎて、小学生の子にしたら訳わからず混乱してしまう姿を、上手に菜帆さんが演じられ素晴らしいシーンでした。
父親が病で亡くなり、葬儀の段取りを淡々とこなすビジネスウーマンを、麻生祐未さんが叱り飛ばして、今あんたのやるべきことは違うだろう!馬鹿なのかい?と、娘と共に父親を悼むことを進言したシーンは感動し、義母と娘の2人が抱き合い、これからどうしましょう?と、涙が止まらない中で父親を悼み語るシーンも印象的でした。
自分の命が長くないことを知り、母親になってくださいと頼んだ竹野内豊さん。愛というよりは、仕事の依頼のように始まった結婚生活。優しく微笑んで太陽のように、心を温めてくれた存在を失った時の号泣でした。いつしか愛おしく、なくてはならない存在になっていた。自分も家族にとって、そんな存在でありたいと考えさせられた素晴らしいホームドラマです。
ストーリーが大きく二段階に分かれており、なかなか普通のドラマでは見られないような形で、新鮮さを感じました。そして綾瀬はるかさん演じる亜希子のキャラクターがとても面白かったです。恋愛に関してはダメダメですが、仕事に関しては完璧人間で、こどもにまで名刺を渡してしまうような徹底ぶりに思わず笑ってしまいました。
面白いだけでなく、どんな人に対しても態度を変えず、まっすぐに向き合おうとすることろにはとても好感が持て、回を重ねるごとにその魅力にはまっていってしまいました。綾瀬さんの演技も圧巻でした。
そして脇を固める俳優さんたちの演技も素晴らしいものでした。特に驚いたのは佐藤健さんです。今までのイメージとはまるで違ったキャラクターで、こんな顔を見せてくれるんだと驚きました。
くしゃくしゃに笑った笑顔がとても可愛らしく、見ていて元気をもらえました。そしてこのドラマで初めて知った女優さんである上白石萌歌さんにも魅了されました。喜怒哀楽が激しいのですが、そのどの表情も可愛らしく、癒されました。亜希子とは本当の親子ではないのですが、2人のお互いを想い合う気持ちがひしひしと伝わってきて、感動するシーンも満載でした。
義母とだけ聞くとあまり前向きなイメージがわかず、どんなドラマか想像がつきませんでした。ましてやブルースとなると、なんとなく暗いドラマなのかと勝手に思っていました。しかしそんな予想をいい意味で裏切ってくれました。とにかく軽快で面白いというのが第一印象です。
産みの母親を亡くしてしまうという悲しい出来事が起こってはいますが、とにかく変わり者で浮世離れしているとさえ思える風変わりな義母に心掴まれます。キャリアウーマンで真面目で義母としての業務も仕事のようにこなしていきますが、それだけではなく、そんな中にも優しやさ家族愛がしっかりと見える部分にほっこりしますし感動もします。
少しずつ娘と義母の距離が縮まっていく様子が見ているこちらも嬉しくてムズムズしてしまいます。物語の結構序盤で父親も病気でなくしてしまい、本格的に義母と2人での生活になりますが、その後も2人でさまざまな困難に立ち向かい乗り越えていく様子はどこからみても本当の娘と母親です。
血の繋がりは大切ですが、重要なのはそこだけではないと思わせてくれました。本当の意味での家族とはなんだろうと考えるきっかけにもなりましたし、色々な答えを見出させてくれるドラマでした。
コメディぽいところもあったり、感動する場面もあったり、心が暖まるドラマでした。綾瀬はるかさん演じるキャラクターが個性的で強烈でした。仕事はできるけど笑顔がなくて、淡々としていて、どこか冷たく見える雰囲気でした。竹野内豊さん演じる良一の子供のみゆきとしては嫌だろうなと思いました。
そんな綾瀬はるかさんと竹野内豊さんが結婚することになり、みゆきも最初はあきこに対して警戒していて嫌がっていていましたが、あきこのまっすぐな姿勢に気付いて、だんだんと心を開いていく家族の姿が良かったと思います。そんななか、突然夫の竹野内豊さんが亡くなったときは急展開すぎて驚きました。
そしてみゆきも成長して高校生になって、ストーリーがまた進んでいきます。環境が変わって綾瀬はるかさんと佐藤健さんの関係も気になるところです。若くて軽い感じのノリのいい役を演じる佐藤健さんもかっこよくて面白かったです。あきこは佐藤健さん演じる麦田のベーカリーで働くことになってからの話も面白かったです。
あきこの昔のキャリアウーマンを生かした仕事ぶりが、さすがだなと思いました。あきことみゆきには、血が繋がっていようがいないが、関係なくて、家族愛に感動しました。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です