ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の動画が1話から無料で見逃し視聴できる配信サービス

私の家政夫ナギサさんのキービジュアル

2020年7月7日からTBS系で放送が始まった新火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」。主演の多部未華子さんと大森南朋さんのコンビが最後まで楽しみですね。

この記事ではドラマ「私の家政夫ナギサさん」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、「私の家政夫ナギサさん」は動画配信サービスのParavi(パラビ)で独占見放題配信中です。

Paravi
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム

Paraviは月額1,017円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. ドラマ「私の家政夫ナギサさん」はParaviで全話見逃し配信中
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額1,017円でTBSやテレビ東京のドラマやバラエティーが見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」はParaviで1話から見逃し視聴できる

Paraviのトップページ

TBSやテレビ東京、WOWOWなどが連携している動画配信サービスのParavi(パラビ)では、ドラマ「私の家政夫ナギサさん」が1話から見逃し配信中です。

全話見放題で視聴できるのはParaviだけです。

paraviの私の家政夫ナギサさん①
わたナギのエピソード

またParaviではTBSやテレビ東京で放送された歴代ドラマやバラエティーなどが見放題です。

paraviのラインナップ

Paraviは月額1,017円ですが、初回2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずはドラマ「私の家政夫ナギサさん」を1話からイッキ見しましょう!

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

Paraviの登録方法

Paraviの登録手順を写真つきで解説します。面倒な手続きもなく、2分ほどで完了しますよ。

STEP.1
公式サイトに移動
Paraviの登録方法①

Paravi公式サイトに移動し「まずは2週間無料体験」をタップします。

STEP.2
アカウントを作成
Paraviの登録方法②

アカウントの作成方法を選びます。
メールアドレスのほか、外部アカウントでも登録可能です。

STEP.3
情報を入力
Paraviの登録方法③

名前、メールアドレスなどを入力します。

STEP.4
支払い方法を選択
Paraviの登録方法④

支払い方法を選択し、決済情報を入力します。
無料体験中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されます。

STEP.5
登録完了
Paraviの登録方法⑤

規約同意にチェックを入れて「登録する」をタップします。

管理人

登録は2分ほどで完了します!

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」のあらすじ・キャストは?

あらすじ
製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた!その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。
一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現!突如現れ、自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所にメイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。しかも田所はライバルだというのに爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。
引用元:TBS『私の家政夫ナギサさん』公式サイト

相原 メイ…多部未華子
田所 優太…瀬戸康史
瀬川 遙人…眞栄田郷敦
陶山 薫…高橋メアリージュン
肥後 菊之助…宮尾俊太郎
松平 慎也…平山祐介
馬場 穣二…水澤紳吾
堀江 耕介…岡部大(ハナコ)
天馬 あかり…若月佑美
駒木坂 春夫…飯尾和樹(ずん)
吉川 かりん…夏子

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の感想は?

次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。一部ネタバレを含みますが、ご了承ください。

「私の家政夫ナギサさん」さんは基本的には明るいテイストのコメディドラマなのですが、主人公のメイが母親からの”仕事のできる女性になりなさい”という呪いに縛られてしまっている点には非常に胸が痛みました。
自分も専業主婦の身であるため、もし娘がいたら同じような呪いをかけてしまっていただろうなあ、と思うとゾッとします。自分のように家に入ったために経済的に自立できないような女性にはなって欲しくない。きっとその一心でメイのお母さんもついつい発破をかけてしまったのでしょう。
そのためバリキャリできっちり成果を出している優秀なメイですが、いつも周囲の期待に応えようと無理をしている様子が描かれており、そんな頑張りすぎるメイの姿は痛々しいほどです。
そこで救世主のように現れたのがオジサン家政夫のナギサさん。妹の粋な計らいで半ば強制的な始まりだったものの、いつしかナギサさんの溢れる母性に頑張り屋のメイが少しずつほだされていきます。
これからおそらくメイとナギサさんの関係性が家事代行を通じどんどん深まっていくと思われますが、メイが母親の呪縛を解き、マイペースに生きられるようナギサさんが導いていってくれたらと、願わずにはいられません。
「私の家政夫ナギサさん」は、多部未華子さん演じる相原メイが家政夫の大森南朋さん演じるナギサさんと出会って成長していくお話ですが、若いキャリアウーマンの女の子がおじさんの家政夫さんに部屋を片付けてもらうという前代未聞なストーリーが癖になります。
最初はなぜおじさんの家政夫さんなんだろうと思っていたけれど、ナギサさんの想いを聞くと納得できました。実際に女性の部屋を男性が担当するのはなかなか難しいとは思いますが、ナギサさんなら信頼できる気がします。
メイは仕事ができる女の子でライバル会社の瀬戸康史さん演じる田所優太と出会います。田所さんは仕事ができる上にかっこいいから見ていて惚れてしまいます。
これから2人がどんな関係になっていくのかが見どころだと思います。脇を固める俳優陣も、親友役の高橋メアリージュンさんや上司役の富田靖子さんなど演技派が勢揃いしているのが見やすいです。
ナギサさんのおっとりとした全てを包み込んでくれそうな柔らかい雰囲気が見ていて落ち着きます。仕事から疲れて帰ってきて綺麗に片付いたお部屋と美味しいお食事を作ってくれる家政夫さんがいてくれたらおじさんであっても癒されることは間違いありません。
大森南朋さん演じるナギサさんが、最強のおじさんで、あたたかさに癒されています。ちぎれそうなほどにがんばるメイ(多部未華子さん)の心にも、ナギサさんのあたたかさが染みているようで、観ていてほっとします。
多かれ少なかれ、誰もが持っている呪縛や強すぎてしまう責任感、それと折り合いをつけるための、安心できる場所や存在の大切さが丁寧に描かれています。
たかが家事、されど家事。落ち着いた暮らしのためには、おいしい食事や掃除の行き届いた部屋が必要であるような描写も多く、専業主婦としては、自分の仕事を肯定してもらえているようで嬉しい気持ちでいっぱいです。
ライバル会社の田所(瀬戸康史さん)は、見た目はもちろん中身もとてもかっこよくて惚れ惚れします。偶然のつながりもあり、今後メイとの関係が進展するのかしないのか、とても楽しみです。
メイが、ナギサさんを、過剰とも思えるほどに、おじさんおじさんと連呼するところが印象的です。鋭い役を演じることも多い大森南朋さんが、本当にただの「おじさん」を演じていて、くすりと笑ってしまいます。
まったく先が読めないドラマです。今後どう展開していくのか、来週の放送が楽しみでなりません。
メイのナギサさんに対する見方がただのおじさんから一緒にいて安心するお母さんのような存在に少しずつ気持ちが変わって行ってるのが見てて感じとれますね。
もちろんメイが酒に酔って寝ぼけてナギサさんの手を離さずに行かないでなんて言うシーンは印象的でしたね。
またナギサさんも昔はお母さんになりたかったって言ってたけどこのまま見た目おじさんだけどメイに必要なお母さんとなって行くんでしょうかね。
もちろんナギサさんはメイの恋愛対象にはならないでしょうけどやっぱり気になるのはライバル会社アーノルド製薬の田所ですよね。
メイの部下の新人瀬川にまで会社の隔たり関係なくアドバイスしてくれるなんて良い人そのものですよね。
本来ならなんか裏がありそうなんだけど患者さんファーストの考えから同業者同士情報を共有しあいましょうだなんて一サラリーマンが言えるような事じゃないですよね。
メイも田所と会社同士の飲み会で少しずつ親しくなりはじめたけどこの先どういう関係に発展して行くのか気になりますね。
またややこしい事に家がメイのマンションと一緒で隣の部屋だなんてこんな偶然凄い。
まだ田所にはバレてないけどこれも時間の問題なのかな。
メイとナギサさんの関係そしてメイと田所の関係今後気になりますね。
メイが酔ってナギサさんの手を離さなかったことで、ナギサさんが一晩メイのそばにいた時に、メイの母が朝の6時30分に尋ねて来た時のメイの慌てようが面白かったです。
ナギサさんをクローゼットに押し込んだり、ナギサさんの荷物を寝室に投げ入れたり、無茶苦茶焦っていたところが笑えました。ナギサさんの靴は玄関の外に投げてたのも面白かったです。
メイが母親の前では、自分を作っている感じが強くて、精一杯いいところを見せようとしているのが、無理している感じがしてかわいそうにも感じました。申し越し力を抜いてもいいんじゃ内観って思いました。
母からの誕生日のプレゼントのメッセージカードにメイはできるってかいてあったのも、すごくプレッシャーじゃないのかなって思いました。ナギサさんもそのメッセージカードをみて、メイの気持ちに少し気づいたのかなって思いました。
クローゼットに隠れていたときに、ジャケットのボタンがナギサさんのエプロンのポケットに入っていたのをわざわざ届けに行くナギサさんの優しさを感じました。
メイの帰りが遅いため、マンションの前で待っていてくれたりする所も凄い人だと思いました。おまけにボタン付けまでしてくれて、家政夫の鏡のような人だと思いました。メイが安らぐ気持ちになるのがわかるような気がしました。

初回放送後から「わたナギ」は話題になっていて、多部未華子さんが可愛い!という声であふれていますね。

ハートフルな雰囲気なので、最終回まで楽しみたいと思います。

Paravi(パラビ)なら「私の家政夫ナギサさん」が1話から見逃し視聴できます。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です