ドラマ「教場」の動画が無料で視聴できる配信サービス

教場のキービジュアル

2020年にフジテレビ系で放送され、木村拓哉さんの鬼教官ぶりが話題となった2話完結ドラマ「教場」。

この記事ではドラマ「教場」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、教場はフジテレビが提供しているFODプレミアムで独占見放題です。

FODプレミアム
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
Paravi

FODプレミアムは月額888円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. ドラマ「教場」はFODプレミアムで全話見放題
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額888円でフジテレビの人気ドラマやバラエティーが見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

\登録は3分で完了!/

ドラマ「教場」はFODプレミアムで見放題

FODプレミアムのトップページ

フジテレビがサービス提供しているFODプレミアムでは、ドラマ「教場」が見放題です。

前編と後編の両方が視聴できます。

FODの教場

またFODプレミアムではフジテレビで放送されてきた人気ドラマやバラエティーも見放題。

ラインナップの一例は以下の通りです。

FODのランキング

FODプレミアムは月額888円ですが、2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずは「教場」をイッキ見しましょう!

FODプレミアムの登録方法

FODプレミアムの登録手順を写真つきで解説します。

STEP.1
公式サイトに移動
FODプレミアム登録①

FODプレミアム公式サイトに移動し「今すぐはじめる」をタップします。

STEP.2
FODアカウントを作成
FODプレミアム登録②

FODアカウントを作成するため、メールアドレスとパスワードを入力します。

STEP.3
決済方法を選択
FODプレミアム登録③

無料体験が適用されるクレジット決済かAmazon Payを選択します。

STEP.4
無料期間を確認
FODプレミアム登録④

無料体験の期間が表示されるので、スマホなどにメモしておくと忘れません。

STEP.5
クレジット情報を入力
FODプレミアム登録⑤

クレジットカード情報を入力して登録を完了させます。
無料期間中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されるので安心です。

管理人

登録は3分ほどで完了します!

ドラマ「教場」のあらすじ・感想をピックアップ!

あらすじ
ここで生き残った者だけが、警察官になれる。
警察学校という密室・・・そこで、何が起きたのか。必死のサバイバルが始まる―
“教場”と呼ばれる警察学校の教室。冷酷無比な教官・風間公親(かざま・きみちか/木村拓哉)が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされている。
何より厳しいのがルール厳守。その行動は、常に監視体制に置かれ、誰かのミスは連帯で責任を負う。携帯電話も没収され、外出するためには許可が必要。
そんな辛苦ともいえる究極の試練が待ち受ける警察学校には、様々な背景を持つ生徒たちが様々な動機で集まってきている。また、警察学校という閉塞(へいそく)した極限状態で生徒たちが抱える葛藤も様々。
「警察学校とは適性のない人間をふるい落とす場である」と考える教官・風間は、生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非情な男だ。
また、いつも生徒たちに突然理解しがたい指令だけを告げて、その場を立ち去ってしまう。次々とふるいにかけられる“教場”という名のサバイバルゲームを生き抜くため、生徒たちの秘密と思惑が渦巻き、いろいろな事件が巻き起こっていく・・・。
引用元:FODプレミアム公式サイト

次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。ネタバレなしの感想3つ、ネタバレありの感想2つを紹介します。

私、40代男性の素直な感想です。先ず、厳しい規律で風格漂う役どころを演じた、木村拓哉が格好良く見えましたね。「教場」ひらたく言えば警察学校となる。
しかし、このドラマからは「学校」という言葉ではまったく甘い、意味合いの違う「教場」の厳しさが伝わる。「風間公親だ」名前を言っただけなのに、教官としての威厳を感じる。
背筋を正してなければすぐに目をつけられてしまう雰囲気。木村拓哉がそれまで売りにしてきたような一面の顔はいっさい見せない役柄。白髪交じりのシブい銀髪。
そしてうっすらとした色眼鏡から、突き刺すように義眼の無機質な鋭さが光る。「警察官としての適任者を育てる場ではない」適性のない生徒を見極め「ふるいにかける」場だと言いきる。厳格な規律・過酷な訓練・閉ざされた空間。
そのなかで次々と脱落者が出てくる。風間教官は常に退校届を持ち歩き、「君にはここを辞めてもらう」不適正と判断した生徒に容赦なく突き出す。
挽回の見込みのある生徒に対しては、厳しい課題を出し、クリアできなければ失格とはっきりと答えを出してしまう。
生徒一人一人に課題とストーリーがあり、その内面から性格もすべてを見透かしてしまう。私がいいシーンだなと思ったのは、風間教官にも立てつくような態度をとる成績優秀な生徒が、風間教官とのやり取りのなかで挑発されながらも、自分心の芯の部分を打ち明ける。
このシーンは熱かったですね。追い込んで追い込んで想いを口に出させて、風間教官は名セリフでその想いに答えを伝える。卒業式もいいですよね。見どころのある生徒一人一人魅力あるエピソードがあり、見入ってしまう内容でした。とても面白いテーマのドラマです。
警察学校というものの存在は知っているけれど、そこに通っている人も教官をしているという人も知らない。そういう人が多いのではないでしょうか。
そんな漠然と思い描く場所を、本当にこんなだろうか、いや、警察官になるならばこれくらいであって欲しい、と考えさせられるドラマです。
やはり、一番の見どころは、至冷酷非情な教官を演じる木村拓哉でしょう。どんな役を演じてもいつも同じ”格好良さ“が見えてしまい、そこが良いそこが嫌との意見が飛び交いがちなキムタクですが、この役は違います。
いつものキムタク流格好良さはどこにも見えません。皆無です。冷酷非情な役柄をとことん作り上げたところは見事です。これは本当にみる価値あり。
さて、その怖すぎる教官の下で日々厳しい訓練に挑む生徒たち。ここも重要です。警察官という高い志を胸に、厳しい訓練を乗り越え卒業する、そんな単純では全くありません。
警察学校に入るに至るそれぞれの背景、それぞれが抱える闇やら屈折した思いやら、深すぎて重すぎて、もうどこからも目をそらせません。
中でも平田役の林遣都はその闇の深さを演技かリアルか分からなくなってしまう程です。自殺未遂のシーンは、鳥肌が立ちます。
その生徒たちの事情の重さとキムタクの恐ろしさに、観ている側もヘトヘトになってきますが、ラストはやはり見逃せません。過酷さに脱落していく生徒を観ながらも、こちらは脱落せず、最後までしっかり観ましょう。必ず、観て良かったと思うはずです。
ドラマを通して木村拓哉さんの存在感が圧倒的でした。風間教官がいるときの緊張感がビリビリと伝わってきましたし、訓練中の厳しさにもリアリティーを感じました。教場の生徒役の皆さんの努力が動きに現れていて凄かったです。
ストーリーは各生徒に焦点を当てて展開されていて、中にはとんでもない秘密を隠していたり、恨みから悪行に走るとんでもない人もいましたが、事件を通して成長していく姿に見応えがありました。
生徒に個性があって面白かったです。特に、菱沼と枝元の友達関係には一種の女子あるあるがあり、女子ならこの微妙なお互いの気持ちの変化に共感できたのでは無いかなと思います。
その中で行われた2人の柔道シーンは印象的でした。脱落者が増えていきましたが、最後の晴れ晴れとした表情には強さも重なってかっこよかったです。
冷たく厳しい風間教官にもどこか愛情を感じられるようになって、その独特な魅力にどんどんハマっていきました。花壇のお花にお水をあげるシーンが度々でてきましたが、その姿に深い意味を感じました。
同時にその背中が何かを物語っているかのように感じられ、全体を通してセリフは少なかったですが、行動全てに意味があり、正を意味しているんだなと思いました。
久しぶりの木村拓哉さん主演「教場」が放送されるといることで、楽しみにしていました。また、普段見ることのできない、警察学校が舞台ということで、さらに楽しみが増していきました。
木村拓哉さん以外にも、生徒役には工藤阿須加さん、川口春奈さん、三浦翔平さんなど、大活躍中の壮々たる顔ぶれです。どんか作品になっているのか、ドキドキ、ワクワクしていました。
実際にドラマを見てみると、木村さん演じる風間公親さんの表には出さない生徒思いの性格がとても魅力的に感じました。
生徒一人一人になぜ警察になりたいのかのストーリーがあり、それを風間教官は理解していて成長させていきます。私が印象に残っている生徒は、2人います。
1人目は川口春奈さん演じる菱沼羽津希です。
親はエリート警察官という武器を持ち、顔も可愛いため自信に満ち溢れています。女性からすると憎らしいタイプですが、最後にはきちんと夢を持ち、応援したくなりました。
2人目は大島優子さん演じる楠本しのぶです。
旦那さんを事故で亡くし、その犯人を捕まえるために警察になりたい女性です。
過ちを犯してしまいますが、反省してもう一度頑張ろうと決意する姿にグッときました。
「教場」は実際とは違うと思いますが、警察学校がはこのようなところなのか!と知ることができ、人の心の弱さを見ることができました。人との関わりでこんなにも成長できるのかと思い、いい影響を与えてくれる人に出会うことは大切だなと感じました。
キムタク主演のドラマと言えば、正直どのドラマもキムタクはキムタクだったんです。しかし、この教場だけは、今までのキムタク主演のドラマで始めてキムタクが演技していると感じたドラマです。
内容は、警官になる前の学校が舞台です。その教官役がキムタクです。男女ともに、これから警官を目指す候補生たちへのとても厳しい指導を見るだけで、背筋がピンとなる、そんなストーリーになっています。
警官になるまでには、様々な訓練があることを知りましたし、どこまでリアルに再現されているのかは不明ですが、途中で脱落者が出るくらい厳しい世界なんだと勉強することが出来ました。発砲の訓練、柔術の訓練、学科もあるようです。
一番印象に残っているのは、終盤に行われる訓練で、24時間サバイバルでどこに連れてこられるか不明なまま、車に乗せられ山の中へ。そこで、仮に起きた事件を捜査するという訓練でした。4~5人が1チームになっていたと思いますが、犯人の動機や凶器について考え、心理面についても考える。警察が行う捜査とはどういった事なのか、肌で体験させるシーンは、チームワークを感じました。
それでも、教官であるキムタクは、そのチームが出した答えに×回答を出し、更に考えさせることを課しました。
人間が成長していく姿をこのドラマを通して感じ、卒業式での生徒へ向けたキムタクのメッセージに久々涙したドラマでした。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

\登録は3分で完了!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です