ドラマ「科捜研の女20」の動画が1話から無料で見逃し視聴できる配信サービス

科捜研の女20のメインビジュアル

2020年10月22日からテレビ朝日系でスタートしたドラマ「科捜研の女20」。

この記事ではドラマ「科捜研の女20」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、「科捜研の女20」は動画配信サービスのTELASA(テラサ)で独占見放題配信中です。

TELASA
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
Paravi
FODプレミアム

TELASA(テラサ)は月額562円かかりますが、15日間無料体験ができます。

なお15日以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. ドラマ「科捜研の女20」はTELASAで1話から見逃し配信中
  2. 初回15日間無料体験ができる
  3. 月額562円(税別)でテレビ朝日のドラマやバラエティーが見放題

管理人

15日以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

ドラマ「科捜研の女20」はTELASA(テラサ)で1話から見逃し視聴できる

テラサのトップページ

テレビ朝日が運営している動画配信サービスのTELASA(テラサ)では、ドラマ「科捜研の女20」が1話から見逃し配信中です。

テラサの科捜研の女20

またTELASA(テラサ)では歴代の科捜研の女シリーズをはじめ、テレビ朝日で放送された歴代ドラマやバラエティーなどが見放題です。

テラサのドラマ一覧

TELASA(テラサ)は月額562円ですが、初回15日間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずはドラマ「科捜研の女20」を1話からイッキ見しましょう!

管理人

15日以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

TELASA(テラサ)の登録方法

TELASA(テラサ)の登録手順を写真つきで解説します。面倒な手続きもなく、3分ほどで完了しますよ。

STEP.1
公式サイトに移動
テラサ登録画面①

TELASA公式サイトに移動し「初回15日間無料でおためし」をタップします。

STEP.2
アカウントを作成
テラサ登録画面②

はじめにau IDを作成します。
auに契約していなくても誰でも簡単に作成できます。

STEP.3
情報を入力
テラサ登録画面③

au IDを作成して各種情報を登録したら、「規約に同意して加入」をタップします。

管理人

登録は3分ほどで完了します!

ドラマ「科捜研の女20」のあらすじ・キャストは?

あらすじ
「10年前に人を殺しました。逮捕してください」――京都府警に地味な雰囲気の女が自首してきた。土門薫刑事(内藤剛志)や蒲原勇樹刑事(石井一彰)が事情を聴いたところ、その女、星名瑠璃(大久保佳代子)は10年前、非常勤講師として勤めていた女子高の生徒・河合範子(里吉うたの)を、山岳部の登山練習中に滑落死させてしまったと話す。
きっかけは当時、反抗的だった範子を思わず平手打ちしてしまったこと。瑠璃は、体罰を校長に告発すると脅す範子を制止したい一心で彼女を追いかけたところ、滑落させてしまったと告白。なぜ今になって自首したのかと問う土門に対し、当時は恐怖のあまり打ち明けることはできなかったが、教師としての道も開けずパッとしない毎日を送るうち、人生を諦観して出頭したと心情を吐露する。さらには、自分は女優みたいな名前を持ちながら、人生で一度もスポットライトを浴びたことがないと、ネガティブなつぶやきをもらす…。
引用元:テレビ朝日『科捜研の女20』公式サイト

榊マリコ … 沢口靖子
土門薫 … 内藤剛志
風丘早月 … 若村麻由美
宇佐見裕也 … 風間トオル
藤倉甚一 … 金田明夫
日野和正 … 斉藤暁
橋口呂太 … 渡部秀
涌田亜美 … 山本ひかる
佐伯志信 … 西田健
蒲原勇樹 … 石井一彰

ドラマ「科捜研の女20」の感想をピックアップ!

「科捜研の女20」の初回を視聴した人の感想を集めてみました。一部序盤のネタバレを含みますが、ご了承ください。

ドラマ「科捜研の女」は、今年でSeason20となります。もう初Seasonから20年以上も経つのですね。見どころはやはり、沢口靖子さん演じる主人公榊マリコが、事件解決に向けて思考を巡らしながら、新しい捜査方法で真相を突き止めていくところだと思います。
しかし、今回私が注目したのは沢口靖子さんが関わっていない冒頭シーンです。冒頭は、芸人であるオアシズの大久保佳代子さんと、アイドルであるBEYOOOOONDSの里吉うたのさん、このお二人のシーンから始まります。20年以上に渡るシリーズドラマの冒頭が、主役である大御所の沢口靖子さんではなく、芸人とアイドルという、本来ドラマには出ない方の登場で始まりました。しかもそれがコメディ要素のないシリアスなシーンです。その新しい空気となったお二人の役が、この後どうなるんだろうという、先が気になる要素にも繋がりました。
好きな登場人物は、先にも挙げた里吉うたのさん演じる河合範子です。ドラマ初挑戦ということで注目していました。印象的な台詞は、大久保佳代子さん演じる教師の星名瑠璃に、体罰を告発すると言った台詞です。
このように、科捜研の女は毎回のゲストにも注目です。次回第三話は、鈴木亜美さんや波岡一喜さんがゲストです。お二人は、特に波岡さんは俳優としてのキャリアが長いので、その演技に注目したいと思います。
今回のシーズンも面白いです。マリコさんはじめ、科捜研のメンバーの活躍はいつもながらすごいです。特に好きなシーンは科捜研で現実に行っている色々な実験や鑑識鑑定方法が登場してくる所です。また風間先生の法医学の鑑定場面が登場してくる所です。
マリコさんは疑問に思ったら、とことん風間先生に調べさせます。ここはお話がかわっても、脚本さんが代わっても、必ず登場してきますから注目して観させいただいています。科捜研がどんなことをしているのか、法医学がどんなことをしているのか、一般の人ならあまり詳しいことを知りませんので、注目して観させいただいていますが、とてもわかりやすいです。
またどんな鑑識方法があるか、よくわかるからです。こういう鑑識方法があるんだなあと、いつも驚かされます。とてもリアルにされている作品だと思います。あとマリコさんの観察眼はいつもながら、鋭いです。いつもマリコさんが事件をとく鍵を見つけてらっしゃいます。
あと先日放送された回に、マリコさんが犯人の首からDNAを採取する目的だと思いますが、犯人の首から見事に採取されていました。あれはお見事でした。今回もマリコさんをはじめ、科捜研のメンバーの活躍を期待しています。
科捜研の女の魅力は、科学で事件を解決していくストーリーだと思います。主人公の榊マリコの、事件に対する疑問への観察力や行動力は凄いなと思います。この主人公に巻き込まれて、京都府警や科捜研のメンバーとのチームワークが意識が高いのでいいチームだなと思いながら見ています。
科学の力で事件を解決すると言うのは、こういう風にしているんだなと想像しながら見ることができるのでいいなと思います。私が特に好きな主人公の榊マリコは、仕事にはすごく一生懸命で一直線に進んでいくのに、プライベートでは意外と天然と言うギャップがとても好きです。
警察官の土門さんとの関係もお互いが信頼しあっている感じが伝わり、信頼関係が築けているのでいい関係だなと思います。好きなシーンは、それぞれの科捜研の研究員たちが自分の鑑定をしているところです。その際のBGMが胸を高ならせてくれて、ドキドキしながら鑑定シーンがすごく好きです。関係者も有名な方が多く思考が凝らされたトリックが多く面白いです。
科捜研の女は、ほとんどの話が1話完結であるので、見やすくて物語もはっきりしています。どここらでも見ることができる作品だと思うので、気軽で楽しく見ることができる作品だと思います。
Season20に突入した科捜研の女。主人公の榊マリコも円熟味を増し、また相棒の土門刑事も復活し、ますますパワーアップした印象です。近年目につくのは、科捜研のメンバーの専門性が力を発揮していることです。もともと各自の専門分野はあるのですが、回を重ねるごとにそれぞれの役割の重要性が増していることに加え、チームワーク
の良さも際立ってきました。榊マリコの職人魂に周囲も触発されてきているように思います。所長、宇佐美さんは言うに及ばず、初めは少し頼りなかった亜美ちゃんや呂太くんもしっかり成長してきましたし、今後が楽しみです。
また、科捜研の女の魅力は、やはりマリコと土門刑事が建物の屋上で語り合うところでしょう。これによって新しいひらめきも生まれますし、毎回おなじみの事件を振り返るラストシーンは、眼下に広がる京都の街並みと相まって、このドラマの素敵なところだと思います。科捜研の女は京都を舞台にしたドラマの先駆けですので、欠かせないシーンではないでしょうか?
本物の科捜研がどういうものか分かりませんが、科学の力で次々と謎を解明していくのが、このドラマに痛快さ与えています。これだけ長くやっているとマンネリに陥るところですが、「科学はうそをつかない」というマリコの信念が強烈に感じられ、マンネリ化の不安を払拭していると思います。これからもっずっと見ていたい、とても面白いドラマです。
こんなに安定していて、でもめちゃめちゃ楽しめて、驚きやドキドキ感や、ハラハラ感のあるドラマは、貴重だと思います。回を重ねる毎に、マリコ(沢口靖子さん)が、活き活きとしてくるのが、とても好印象です。
第1話では、マリコが断崖絶壁で、宙吊りになってブラブラと揺れているシーンは、めちゃめちゃハラハラしました。そして、それを見ていた蒲原刑事(石井一彰)のあわてっぷりには、思わず笑ってしまいました。宇佐美(風間トオルさん)もつき合わされて、呆気にとられてましたね。また、大久保佳代子さんの演技力も、なかなかハマっていたと思います。
そして、第2話は、「マリコのハロウィーン大作戦」は、まず、遺体が悪魔のコスプレをしているという派手さ…これには、驚愕しました。更に、ズボンのポケットから、“普通の中年”と書かれた名刺が見つかりました。解剖所見は、感電死との事。普通の中年をヒントに辿り着いたのは、迫田茂夫(村田雄裕さん)が登場したときは、思わず笑ってしまいました。
また、迫田さんのオヤジギャグが何故かツボにはまりました。特に、「胃と肝臓は大事にしないといかんぞう…。」にハマリました。そして、マリコのコスプレ姿、赤い上下に、パラソルって…唖然でしたが、めちゃめちゃ似合ってました。とても楽しめました。

初回放送後から今後のストーリー展開が話題になっています。新シリーズも前作に増して盛り上がっていますね。

TELASA(テラサ)なら「科捜研の女20」が1話から見逃し視聴できます。

管理人

15日以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です