ドラマ「北の国から」の動画が1話から無料で視聴できる配信サービス

FODの北の国からトップ

1981年からフジテレビ系で放送され、今も根強いファンを持つ名作ドラマ「北の国から」。

この記事では「北の国から」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、北の国からはフジテレビが提供しているFODプレミアムで独占見放題です。

FODプレミアム
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
Paravi

FODプレミアムは月額888円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. 「北の国から」はFODプレミアムで全シリーズ見放題
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額888円でフジテレビの人気ドラマやバラエティーが見放題

管理人

無料体験にはAmazonアカウントが必要です。お持ちでなくても簡単に作れます!

\登録は3分で完了!/

ドラマ「北の国から」はFODプレミアムで見放題

FODプレミアムのトップページ

フジテレビがサービス提供しているFODプレミアムでは、ドラマ「北の国から」が全シリーズ見放題です。

FODの北の国から

またFODプレミアムではフジテレビで放送されてきた人気ドラマやバラエティーも見放題。

ラインナップの一例は以下の通りです。

FODのランキング

FODプレミアムは月額888円ですが、2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずは「北の国から」をイッキ見しましょう!

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

FODプレミアムの登録方法

FODプレミアムの登録手順を写真つきで解説します。

STEP.1
公式サイトに移動
FODプレミアム登録①

FODプレミアム公式サイトに移動し「今すぐはじめる」をタップします。

STEP.2
FODアカウントを作成
FODプレミアム登録②

FODアカウントを作成するため、メールアドレスとパスワードを入力します。

STEP.3
決済方法を選択
FODプレミアム登録③

無料体験が適用されるクレジット決済かAmazon Payを選択します。

STEP.4
無料期間を確認
FODプレミアム登録④

無料体験の期間が表示されるので、スマホなどにメモしておくと忘れません。

STEP.5
クレジット情報を入力
FODプレミアム登録⑤

クレジットカード情報を入力して登録を完了させます。
無料期間中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されるので安心です。

管理人

登録は3分ほどで完了します!

ドラマ「北の国から」のあらすじ・感想をピックアップ!

あらすじ
半年前、妻の令子(いしだあゆみ)に去られ、東京の暮らしに嫌気がさした黒板五郎(田中邦衛)は、二人の子ども、純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)をつれ、故郷の地でやり直すために晩秋の北海道・富良野に帰ってきた。
市街からさらに20キロ奥地に入った麓郷(ろくごう)という過疎村に朽ちかけた五郎の生家が残っていた。どうにか住めるように修理した家で、電気もガスも水道もない原始生活が始まった。
都会育ちの子どもたち、とくに純は、東京でガールフレンドの恵子ちゃんから聞いたロマンチックな北海道とはおよそかけはなれた厳しい現実に拒絶反応を示す…。
引用元:FODプレミアム公式サイト

次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。ストーリーに言及しているものもありますが、ご了承ください。

テレビドラマの名作「北の国からの」見どころは、何といっても北海道の雄大な大自然と四季折々の素晴らしい景色です。
映像的には今から数十年前のものになりますが、その描写はいつの時代になっても色あせることのないものであり、又、もう一つの見どころでもある、人間の持つ本質や様々な人間模様を如実に表現しているドラマ本編と切っても切り離せない関係だと思います。
個人的に好きなシーンは沢山ありますが、ふと浮かぶのは【純】と【蛍】の母・【令子】が亡くなり、告別式前夜に婚約者であった男に靴を新調してもらい、履き古した靴は捨てられてしまうという一連のシーンです。
新しい靴を履いて二人は母の告別式に参加するが、夜になってみると、その靴は二人にとってかけがえのないものであった事に気づき、捨てられた場所に急いで戻りゴミ箱を漁る。
そこに警官が通りかかり訝しむが事情を聞いた警官も一緒になって探してくれるシーンなどは、兄妹二人の父への想いや何を大切にすべきか等の気づきと成長が見えるシーンでとても気に入ってます。
好きな登場人物は、大滝秀治さん演じる【北村清吉】です。何といっても渋くて味があり、説得力・真実味が伝わってきます。
好きなセリフや印象的なセリフも沢山あるのですが、【五郎】がスナック駒草の【こごみ】との会話の中でポロっとこぼす《人を許せないって傲慢だよな》というセリフは、常に自分に言い聞かせる必要のあるセリフとしてとても印象に残っております。
「北の国から」には今でも心に残る景色やシーンとセリフが沢山あり、また改めて観てみたい心境になりました。
さだまさしのノスタルジックなあの曲とともに、今でも富良野の風景とあの小さな家族の姿が鮮明に思い出されます。小生意気な純、健気な蛍、様々なものを背負って黙って生き抜く五郎。
シリーズ全て見ましたがやはり子供時代の子役二人の輝きが印象的で、そのキャラクター付けがあってこその大人編であるので、人の半生をリアルタイムで見守った気持ちになります。
誰もが思い浮かべるラーメン屋のシーンでは五郎の「子供がまだ食ってんでしょうがっ」のセリフが有名ですが、その前の純の長台詞こそがこのシーンの醍醐味です。
純の些細な行動から丸太小屋が火事で全焼した事が発端で、純は初めて自分と向き合うのです。自分の責任だという勇気がどうしても出なかった少年が良心の呵責というものを知り、自らのいい加減さに気づき、父の優しさ大きさに気づき、そしてそのことを辿々しくも自分の言葉で父に言わなければという切羽詰まったこの純の姿は涙なしには見れません。
また、蛍もぐっと結んだ口もとが印象的で心に抱えた色んな想いを子供ながらに複雑な表情で演じています。わけあって行き別れた母親が富良野に会いに来た時、どれだけ胸に飛び込みたかったでしょう。
ですが五郎の気持ちを考え素直になれない蛍。忘れられないのは母親が東京へ帰る汽車を全力疾走で追いかける蛍の表情。やはりグっと感情を押し殺している様に見え、それがまた小さな子供の小さな決意と哀しみを表現していて名シーンといえると思います。
純よりふたつ上の私も放送当時は子供で、純と同じく最初は「こんな田舎じゃ暮らせませんよ」と思いながら見始め、少しずつ物語に心を動かされ、大人の今は五郎さんの気持ちが分かる。
長年にわたって様々な世代の共感を生む、稀有なドラマであり今後こんなドラマはもう登場しないだろうとさえ思います。
この作品は見る時にいつも胸がキューっとなります。本当にさもない貧しい家庭にフォーカスを当て、その家庭にあるささやかな喜びや、揉めごとが繊細に描かれています。昭和時代の空気感がするセットも相まって懐かしい空気感を見せてくれます。家族一人ひとりの悩みや、葛藤などをストーリーにしているため、その回によっても主人公が違うと言えます。
見どころはたくさんありますが、五郎の不器用な愛し方、関わり方は注目です。田舎の世界で汗まみれになっていつも働く五郎はいつも鈍感だと思わされました。しかし、純や蛍との向き合い方はいつも真っ直ぐで、彼なりに子供と思い切り関わっている姿は、現代の親たちにとってとても大事な学ぶべき姿です。
一番印象的というか、感動したシーンはやはり泥のついた1万円札のシーンは心にガツンときました。あれほど不器用な五郎が必死に稼いだことがその1万円札に見事に表現されていて、自分の親が自分のために頑張ってくれていた頃と重ねて見てしまい、涙がとまりませんでした。
その1万円札をめぐってトラックのおじちゃんが受け取りを拒んで、純に伝えたことも心に残っています。本当に不器用ながら示し続けた五郎の努力と子供らへの愛の在り方は決して今風に言葉で全て上手に表すものではありませんが、子供に一生残る対応をしていると思います。このどこにでもあり得る小さな家庭の設定が、より親近感を持たせてくれます。これから見る方にはぜひティッシュを準備してほしいですね。
東京で生まれ育った小学生が、父親の実家のある北海道富良野市の山で暮らし電気もガスもない生活をする事に男の子である純が特に驚いた事は当たり前だと思い、純のそれでもなんとかこのような生活に慣れていく様子や、東京の母親への思いは子供ならではの気持ちがよく表れていると思いました。
また父親五郎をはじめ登場人物の人の良さや人情ぶりも表現されています。別れた母親が亡くなり東京の葬儀で、純が喪主になった事は疑問を感じましたが、遅れてきた五郎を悪く言う母親の身内に対してお金の都合等から列車を乗り継いできた事を説明した清吉扮する大滝秀治の演技と東京の交番巡査が純と蛍と一緒に捨てられた靴を探すシーンは印象的で心に残りました。
また親戚筋にあたる草太がボクシングの試合でノックアウトされ失神したシーンは、実際に失神しただけあり、蛍や雪子が驚いている顔は演技ではない事が伝わっていました。
草太に失恋したつららが富良野にいずらくなり、札幌に行った事は田舎町ならではと思うが、ソープランドで働く事には疑問を感じました。
沢山の若い頃の今では大物ベテラン俳優の演技が見れるドラマはであり、今は無くなりつつある古き良き日本を表しているドラマでもあると思います。
奇跡のようなドラマだと思います。ストーリーも、出演する俳優さんたちも、北海道の自然の風景も、音楽も、全てが素晴らしい。こんなドラマはそれまでもこれからも、もう生まれることはないのではないでしょうか。
このドラマを当たり前のように毎週テレビで楽しめたとは、本当に、今となっては奇跡のようです。脚本の倉本聰氏は、脚本はもちろんのこと、多くの名優もこの作品で生み出したと思います。
数々の名場面、名セリフの宝庫とも言えると思います。また、今でこそおなじみとなった「聖地巡礼」は、実はこのドラマがその始まりといえるのではないでしょうか。
テレビドラマとしては異例の長期ロケを行い、北海道・富良野の風景を丁寧に映したこの作品を見ていると、次第に富良野が自分の「ふるさと」のように感じるようになります。
実際、ドラマのファンの多くが富良野に足を運んだと聞いたことがあります。また、いつかは行ってみたい土地として憧れている人も多いことでしょう。
電気もない「五郎の家」が、便利な暮らしをしながら都会の狭い部屋でテレビドラマを見る視聴者のあこがれになるという不思議な矛盾こそが、倉本氏の描きたかったテーマなのではないかと思います。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

\登録は3分で完了!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です