ドラマ「のだめカンタービレ」の動画が1話から無料で視聴できる配信サービス

FODののだめカンタービレ

2006年にフジテレビ系で放送され、劇場版二部作にて完結した人気ドラマ「のだめカンタービレ」。上野樹里さんと玉木宏さんのコンビが強烈で何度見ても面白いですね!

この記事ではドラマ「のだめカンタービレ」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、のだめカンタービレはフジテレビが提供しているFODプレミアムで独占見放題です。

FODプレミアム
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
Paravi

FODプレミアムは月額888円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. ドラマ「のだめカンタービレ」はFODプレミアムで全シリーズ見放題
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額888円でフジテレビの人気ドラマやバラエティーが見放題

管理人

無料体験にはAmazonアカウントが必要です。お持ちでなくても簡単に作れます!

\登録は3分で完了!/

ドラマ「のだめカンタービレ」はFODプレミアムで見放題

FODプレミアムのトップページ

フジテレビがサービス提供しているFODプレミアムでは、ドラマ「のだめカンタービレ」が見放題です。

TVシリーズに加え、ヨーロッパスペシャル版、劇場版がすべて揃っています。

FODののだめカンタービレFODののだめスペシャル版

またFODプレミアムではフジテレビで放送されてきた人気ドラマやバラエティーも見放題。

ラインナップの一例は以下の通りです。

FODのランキング

FODプレミアムは月額888円ですが、2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずはのだめカンタービレのドラマをイッキ見しましょう!

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

FODプレミアムの登録方法

FODプレミアムの登録手順を写真つきで解説します。

STEP.1
公式サイトに移動
FODプレミアム登録①

FODプレミアム公式サイトに移動し「今すぐはじめる」をタップします。

STEP.2
FODアカウントを作成
FODプレミアム登録②

FODアカウントを作成するため、メールアドレスとパスワードを入力します。

STEP.3
決済方法を選択
FODプレミアム登録③

無料体験が適用されるクレジット決済かAmazon Payを選択します。

STEP.4
無料期間を確認
FODプレミアム登録④

無料体験の期間が表示されるので、スマホなどにメモしておくと忘れません。

STEP.5
クレジット情報を入力
FODプレミアム登録⑤

クレジットカード情報を入力して登録を完了させます。
無料期間中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されるので安心です。

管理人

登録は3分ほどで完了します!

ドラマ「のだめカンタービレ」のあらすじ・感想をピックアップ!

あらすじ
“のだめ”こと野田恵(上野樹里)は、桃ヶ丘音楽大学ピアノ科の3年生。音楽を一度聴けば弾けてしまうという天才的な一面を持ちながら、楽譜を読むことが大の苦手でもある彼女は、本能の赴くまま、作曲者の意図を無視して暴走する演奏をしてしまうこともしばしば、という一風変わった生徒だ。
そんなのだめとは対照的に、エリートコースまっしぐらなのが、同じピアノ科の4年生・千秋真一(玉木宏)。音楽一家に生まれ、ピアノ、ヴァイオリンの腕前は一流でもある千秋は、実は指揮者を目指し、密かに勉強を続けていた。だが、幼いころの体験が原因で飛行機恐怖症になり、海外留学すらままならないという不遇の天才だった。
憧れの眼差しで千秋を見つめる女子学生たちに混じって、彼に視線を投げかける男たちがいた。ひとりは、エレクトリック・ヴァイオリンを手にした金髪の男・峰龍太郎(瑛太)。ヴァイオリン科に在籍する龍太郎は、ロックをこよなく愛する派手好きな男だった。そしてもうひとりは、管弦学科でティンパニやパーカッションを学ぶ奥山真澄(小出恵介)。アフロヘアがトレードマークの真澄は、千秋に密かな思いを寄せる乙女な心を持つ男子だ。
引用元:FODプレミアム公式サイト

次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。ネタバレなしの感想3つ、ネタバレありの感想2つを紹介します。

漫画原作ですが、音楽漫画なので音が付くという意味でそれだけでドラマ実写化しがいのあった作品でした。私はもともt原作を読んでいましたがクラシックに疎い人間でしたので、ドラマの中でわかりやすく音が付いただけで実は聞いたことがあった楽曲だったことが判明したり、メロディのイメージがハッキリとしてより漫画を楽しめることができるメディアでした。
クラシック好きならぜひとも見てほしいドラマですがクラシックに詳しくない人も気軽に楽しめるドラマです。また、キャスティングも見事でした。典型的な天才と変人は紙一重な役柄の主人公を上野樹里さんが可愛くも変人に見事に演じ切ってくれております。
当時の空前ののだめカンタービレひいてはクラシックブームを生んだムーブメントであることに納得でき、まさにその要になっている熱演でした。原作ファンも満足な演技でした。また同時にイケメン俳優である玉木さんの白目という貴重な表情を見れることも見所のひとつだったので、この二人をキャスティングしたことがヒットの理由であったことは間違いないでしょう。個人的に好きなシーンは主人公・のだめがマングース(らしい)可愛い着ぐるみがとても可愛くてその登場シーンだけでも何回も見れます。
のだめカンタービレの一番の魅力とは、みんながハマリ役ともいえるキャスティングの良さと、ドラマを彩る名曲の数々でしょう。
上野樹里演じる天才的なピアノの才能を持つ”のだめ”こと野田恵と、世界的な指揮者を目指す玉木宏演じる千秋真一。このふたりのシーン(心の声も含めて)だけでも十分楽しめるのだけれど、ふたりを取り巻く音大のSオケの仲間たちの個性の強さもピカイチです。
瑛太演じる峰龍太郎の実家の中華料理店のシーンではお父様の伊武雅刀が良い味を出しています。当時それほど有名ではなかった向井理や小出恵介、サエコや水川あさみも出演しており、ここには書ききれないほど何とも豪華な配役で、見ているだけで楽しいです。
そしてこのドラマで初めて古くからの名曲に心を揺さぶられたという方も多いのではないでしょうか。かくいう私もその一人でした。耳にしたことはあっても誰の何という曲なのかまでは知らないところを、千秋の素敵な声の解説で理解しました。
それらの曲をSオケでは瑛太をはじめとしたメンバーがパフォーマンスをしながら演奏するという何とも心躍る演出に、何度そのシーンを見返したことか分かりません。
そして最後に所々に入るギャグシーンもドラマの重要な見どころです。どこからどうみても二枚目の千秋の変顔、何度見ても素敵です。
二ノ宮知子の漫画が大好き人も、漫画は全く読まないという人も夢中になれること間違いなしの「のだめカンタービレ」。漫画ではとにかく主人公・のだめのキャラが強くて、これを演じられる俳優さんがいるのだろうかと思いましたが、上野樹里ちゃんはもう、一度見たらのだめにしか見えません。
もしこのドラマで初めて樹里ちゃんのお芝居を見た人は、おそらく「上野樹里 さんて、こういう人なんだろうな」と思ってしまうことでしょう。玉木宏さん演じる千秋さまも、一度見たらもう千秋さまは玉木さん以外に考えられなくなってしまいます。
そう、オーケストラが舞台の作品だけに登場人物が多く、また 二ノ宮漫画の特徴ともいえるほど全てのキャラが「濃い」。
ストーリーの進行に伴って登場する、その濃いキャラそれぞれがぴったりのキャストであることが、このドラマの最大のお楽しみと言えるでしょう。とにかく名だたる俳優さんたちが次から次へと登場します。
そして、それぞれの魅力が合わさって「のだめカンタービレ」というひとつの世界、ひとつの交響曲を奏でていきます。とはいいつつ、高尚なテーマは重低音のように全体を支えているものの、キラッキラの恋やあふれるギャグなど、心ときめく要素がいっぱい。とにかく明るく楽しく笑える「のだめワールド」が全開です。
のだめカンタービレは、主人公・野田恵(通称のだめ)が恋愛をしながら大好きなピアノを頑張っていくというドラマです。
最初は自分の思うがままピアノを弾いていたのだめですが、愛する千秋様の指揮の元でピアノを演奏したい!と頑張っていく所は凄くステキですね。
気に入ったのはシーンはいくつかありますけど、中でも良かったのは千秋様とピアノを連弾した時ですね。
普段は飄々として頼りないように感じた谷岡先生ですけど、なかなか良い課題を与えたな~と感心しました。
この頃千秋は指揮者になりたいという気持ちがあったので、自分が上手く演奏するよりも他の演奏者を導くスキルを求められていました。
一方のだめはピアノは好きなものの、自分の事しか見えていない。
千秋様の事は好きでも、ピアノを弾きだしたらピアノしかみえませんし好きなように弾きます。
のだめに千秋様に合わせてピアノを弾こうなんて考えはありませんし、これを如何に誘導するのかで四苦八苦する千秋様が良かったです。
ピアノ連弾課題をクリアする事で、千秋様は音楽家として一段上のステージへ。
のだめも他の演奏に耳を傾け、それに合わせた演奏をするという事を覚えて上達しました。
こんな感じでのだめカンタービレは二人の音楽家が成長していく姿を楽しめる、良いドラマでしたね。
のだめカンタービレはマンガでも超人気だけあって、私は大好きになりました。ドラマも最高におもしろかったです。玉木さんとじゅりちゃんが、見事にマッチしていて素敵だと思いました。
じゅりちゃんは実際にピアノを習っていたらしく、本当に演奏もすばらしいと思いました。クラシック音楽の曲は素人ではなかなか引けません。ましてや音大生が弾くような曲を演奏するのはとても難しいと思います。それを演じながらも必死に弾いている姿はすごかったです。
ドラマだからこその音楽を聴けて幸せでした。マンガではストーリーはわかりますが、実際に弾いてるピアノの音は聴こえませんし、オーケストラの雰囲気もわかりません。
それを一流の俳優女優さんたちが演じてくれて、のだめの世界を創っているのは感動しました。演奏している姿にも感動して、ドラマを見て、本当によかったと思いました。
私の中で、好きなドラマではナンバーワンです。演じている女優さんもかわいい方ばかりで、でも演奏している姿はみんなかっこよくて、言うことないです。
あと感動したのは演じているのはもちろんなのですが、とてもみんなが一緒に一致団結してドラマを創ろうと必死になっているのが伝わって来ました。オーケストラはとっても大変で、一人が変な音を出したら響きます。それを練習して、みんなで曲を仕上げているチームワークがすばらしいと思いました。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

\登録は3分で完了!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です