ドラマ「王様のレストラン」の動画が1話から無料で視聴できる配信サービス

FODの王様のレストラントップ

1995年にフジテレビ系で放送され、今でも根強い人気を誇る「王様のレストラン」。

この記事ではドラマ「王様のレストラン」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、王様のレストランはフジテレビが提供しているFODプレミアムで独占見放題です。

FODプレミアム
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
Paravi

FODプレミアムは月額888円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. ドラマ「王様のレストラン」はFODプレミアムで全話見放題
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額888円でフジテレビの人気ドラマやバラエティーが見放題

管理人

無料体験にはAmazonアカウントが必要です。お持ちでなくても簡単に作れます!

\登録は3分で完了!/

ドラマ「王様のレストラン」はFODプレミアムで見放題

FODプレミアムのトップページ

フジテレビがサービス提供しているFODプレミアムでは、ドラマ「王様のレストラン」が見放題です。

全11話がすべて視聴できます。

FODの王様のレストラン

またFODプレミアムではフジテレビで放送されてきた人気ドラマやバラエティーも見放題。

ラインナップの一例は以下の通りです。

FODのランキング

FODプレミアムは月額888円ですが、2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずは「王様のレストラン」をイッキ見しましょう!

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

FODプレミアムの登録方法

FODプレミアムの登録手順を写真つきで解説します。

STEP.1
公式サイトに移動
FODプレミアムの登録方法①

FODプレミアム公式サイトに移動し「今すぐはじめる」をタップします。

STEP.2
Amazon Payを選択
FODプレミアムの登録方法②

支払い方法で「Amazon Pay」にチェックを入れます。
Amazonに登録しているクレジットカードを使うだけで、特に面倒な手続きはありません。

STEP.3
決済サービスにログイン
FODプレミアムの登録方法③

規約同意のチェックを入れて「決済サービスにログインする」をタップします。

STEP.4
Amazonにログイン
FODプレミアムの登録方法④

Amazonアカウントにログインします。
アカウントをお持ちでなければ、新規作成しましょう。

STEP.5
サービス内容を確認
FODプレミアム登録方法⑤

無料体験の期間が表示されるので、スマホなどにメモしておくと忘れません。

STEP.6
登録完了
FODプレミアムの登録方法⑥

「この内容で登録する」をタップして登録完了です。
2週間以内に解約した場合、料金はかかりません。

管理人

登録は3分ほどで完了します!

ドラマ「王様のレストラン」のあらすじ・感想をピックアップ!

あらすじ
都内にあるフレンチレストラン「ベル・エキプ」。その店内でこの店のオーナーシェフが、静かに息を引き取った。その死から数週間後、若者の原田禄郎(筒井道隆)に続き、エレガントさを漂わせる千石武(松本幸四郎)が店を訪れ、隅のテーブルについた。
活気の感じられない店内。メートル・ドテル(食堂支配人)の梶原民夫(小野武彦)は、たばこをふかし、コミ(ウェイター)の和田一(伊藤俊人)やソムリエ・大庭金四郎(白井晃)も手持ちぶさたな様子。
バーテンダーの三条政子(鈴木京香)は一応グラスを並べている。厨房でもシェフの磯野しずか(山口智子)、畠山秀忠(田口浩正)、パティシュ・稲毛成志(梶原善)らが気力なく、下準備をしている。
引用元:FODプレミアム公式サイト

次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。ネタバレなしの感想3つ、ネタバレありの感想2つを紹介します。

この作品の魅力は、主人公の人柄にあります。主人公・禄郎は、父親の突然の死によって、20代半ばという若さで突然レストランのオーナーを継ぐことになってしまった青年です。
彼には経営に関する知識はもとより、レストランに関する知識もほとんどありません。これだけ見ると、棚から牡丹餅的にオーナーの地位を手に入れたお坊ちゃまのように感じられますし、反感を覚えやすい立ち位置ですが、彼には彼なりの複雑な生い立ちや苦労があったことが分かってくると、だんだんと彼に対する目が変わってきます。
また、彼は決して有能ではありませんが、心優しく真っすぐで、その内面は人情味にあふれています。その人間性と、前職で培った能力をきちんと活かして、なすべきことはきちんとなす姿に、次第に周囲の人々の心も彼を認め始めるのです。この人間関係の変遷は、見ていて気持ちが良く、清々しいような気分にさせられます。
また、ギャルソン・千石の活躍も本作の見どころです。千石は、禄郎がオーナーを務めることになったレストランでかつて働いていた非常に有能なギャルソンで、禄郎の経営がうまくいったのは、半分以上は彼の功績と言っても過言ではありません。そんな彼のちょっと抜けた一面が見られると、より人間味に深みを感じてしまいます。
ものすごく面白いドラマでした。こんなに個性豊かな従業員がいるレストランを見たことがありません。しかしそんなバラバラな従業員たちが段々一つになっていく様子が見ていてとても楽しくて、次はどうなっていくのだろうとわくわくしました。
ながでも山口智子さんの演技は圧巻でひた。少しやさぐれている感じが山口さんにぴったりで、すごく自然に演技されていて魅了されました。
従業員たちの掛け合いもリズミカルで、くすっと笑ってしまう場面がたくさんありました。そして森本レオさんのナレーションが独特でこのドラマをより一層盛り上げていたと思います。
そして松本さん、筒井さんの演技も心に残りました。いつでも冷静で完璧な役が松本さんにぴったりでした。松本さんがドラマに出演している作品を初めて見たので、とても新鮮に感じました。
たまに見せる優しい微笑みに心が温かくなりました。そして筒井さんもいい味を出していました。天然のようなまっすぐな役が筒井さんにぴったりで、なんだか可愛らしく感じてしまいました。
こんなに豪華なキャストたちが一斉に揃う作品はなかなかないと思うので、すごく特別感があるドラマでした。ストーリーも予想のできない内容で笑ったり泣いたり、感動したり色んな気持ちで楽しめました。
外でのロケがほぼなくて、ほとんどがレストランの中という設定だったのが、不思議というか凄いなぁと思って観てました。
三谷幸喜さん脚本のドラマはこれまで見たことがなかったので、このドラマを見てから三谷さんの作品を見るようになりました。
キャストも松本幸四郎(先代)を主演に持ってくるなど斬新でしたし、毎回スタッフ一人一人を中心に話の構成がされていて、特にお店のオーナー(西村雅彦さん)が青いヒヨコが産まれる卵をずっと育てていて、最後普通に黄色いヒヨコが産まれて、騙されていたことが判明する話。
そもそもの設定に無理があるのに、オーナーがどこか疑いながらも信じて温めている姿が滑稽でした。外国要人を向かえてのディナー外交の場にこのレストランが選ばれての中の、行き詰まっていた外交も、レストランのスタッフ役鈴木京香さんの一言で、外交までも前に進むなど、あり得ない設定もまた面白かったです。
また山口智子さんがシェフという設定も絶妙で、松本幸四郎さんとの距離も近づき過ぎないのも、いいのかなと思います。レストランの裏側のお客さんが全くしらないドタバタ劇を面白おかしく、三谷幸喜さん脚本のドラマの独特さを知ることができて、三谷さんのドラマのファンになりました。
間のぬけたオーナーに、偉そうな女シェフ、伝説のギャルソン、いろいろ怪しいオーナーの兄と、登場人物がすごく個性的で面白いドラマでした。
みんないろいろ抱えていて、失敗をよくするけど、オーナーのレストランを立て直したいという思いは本物だし、ギャルソンさんの立ち振る舞いはさすがでした。
たしかに偉そうだし、今までいた従業員からしたら、なんだ、あのギャルソンはってかんじだけど、だんだん一致団結していく様子がよかったです。
キャスト陣も、いつもの三谷幸喜ファミリーの人たちに加え、山口智子さん、松本白鸚さん、当時は幸四郎さんでした、など豪華でした。コメディアン、コメディエンヌとして素晴らしい役者ばかりで、毎回笑わされてました。
好きな話はたくさんありますが、特に印象深いのは小野武彦さん演じる給仕長が主役の回です。元妻、離れて暮らす子どもにオーナーだと嘘をついていて、みんなに話を合わせてもらう話で、最初協力しないと言ってた人も結局協力していておもしろかったです。
迷惑な客がやってきたとき、彼が言ったセリフがとても印象的でした。そのセリフはギャルソンが言っていたセリフの受け売りなのですが、いつもはいい加減な給仕長が、レストランのために立ち向かう感じがよかったです。
大好きなドラマでした!脚本、三谷幸喜。主演、松本幸四郎。今思えば、これだけでも期待が高まります。
それに山口智子や鈴木京香といった女優陣に加えて、今ではすっかりテレビでもおなじみの西村雅彦や梶原善、田口浩正などの舞台人が多く登場しています。なんて豪華なキャスティング。もう25年も前のことなのですね。
みなさん、若くて、生き生きしています。筒井道隆の頼りなげな若者役がとても初々しい。小野武彦の仕事ができそうに見えてできないよくわからない給仕長役も笑えます。
演技力のある俳優陣が一癖も二癖もあるキャラクターをコミカルに演じきっていて、毎週楽しみにしていました。主演の松本幸四郎演じる有能なギャルソン千石さんが、まぁ、かっこいい。キリっとしていて、上品、頭の回転もよく、とにかくできる男。
そんな千石さんが、なんだかんだで、変人従業員たちを上手くのせていき、ダメダメのレストランをたてなおしていきます。毎回、トラブルがあっては、千石さん主導で従業員が協力して乗り越えていく。
そんな様子がコミカルで大笑いしながら、最後には『良かったね。』とほっとする、そんな心温まるドラマでした。特に好きだった回は、小野武彦演じる給仕長が、離婚した奥さんと息子がお店にやってきた時に、ちょっとしたウソを言ってしまい、みんなブツブツ言いながら口裏を合わせてくれる、というお話です。
考えてみれば、毎回、みんなブツクサ言いながら、付き合ってるうちにスキルアップしていったんですよね。
森本レオさんのナレーションもあたたかく、優しくて、毎回ちょっとクスッとできたものです。ウイットの効いた脚本に豪華俳優陣、今ではもう揃うことのない贅沢なドラマだと思います。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

\登録は3分で完了!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です