ドラマ「101回目のプロポーズ」の動画が1話から無料で視聴できる配信サービス

FODの101回目のプロポーズトップ

1991年にフジテレビ系で放送された伝説のトレンディードラマ「101回目のプロポーズ」。

この記事ではドラマ「101回目のプロポーズ」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、101回目のプロポーズはフジテレビが提供しているFODプレミアムで独占見放題です。

FODプレミアム
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
Paravi

FODプレミアムは月額888円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. ドラマ「101回目のプロポーズ」はFODプレミアムで全話見放題
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額888円でフジテレビの人気ドラマやバラエティーが見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

\登録は3分で完了!/

ドラマ「101回目のプロポーズ」はFODプレミアムで見放題

FODプレミアムのトップページ

フジテレビがサービス提供しているFODプレミアムでは、ドラマ「101回目のプロポーズ」が見放題です。

全12話がすべて視聴できます。

FODの101回目のプロポーズ

またFODプレミアムではフジテレビで放送されてきた人気ドラマやバラエティーも見放題。

ラインナップの一例は以下の通りです。

FODのランキング

FODプレミアムは月額888円ですが、2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずは「101回目のプロポーズ」をイッキ見しましょう!

FODプレミアムの登録方法

FODプレミアムの登録手順を写真つきで解説します。

STEP.1
公式サイトに移動
FODプレミアム登録①

FODプレミアム公式サイトに移動し「今すぐはじめる」をタップします。

STEP.2
FODアカウントを作成
FODプレミアム登録②

FODアカウントを作成するため、メールアドレスとパスワードを入力します。

STEP.3
決済方法を選択
FODプレミアム登録③

無料体験が適用されるクレジット決済かAmazon Payを選択します。

STEP.4
無料期間を確認
FODプレミアム登録④

無料体験の期間が表示されるので、スマホなどにメモしておくと忘れません。

STEP.5
クレジット情報を入力
FODプレミアム登録⑤

クレジットカード情報を入力して登録を完了させます。
無料期間中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されるので安心です。

管理人

登録は3分ほどで完了します!

ドラマ「101回目のプロポーズ」のあらすじ・感想をピックアップ!

あらすじ
ホールは観客で埋まっている。オーケストラの演奏。チェロは30歳で独身の薫(浅野温子)。バイオリンは彼女より2歳年下の尚人(竹内力)。臨海工業地帯の建設現場。建築会社の係長、達郎(武田鉄矢)が働いている。42歳で独身。これまでも99回もお見合いをしたが、すべて相手から断わられている。その達郎が100回目のお見合いをすることになった。
薫は妹の千恵(田中律子)と、達郎は弟の純平(江口洋介)と、それぞれ2人暮らし。2人とも姉や兄の結婚について心配している。さてお見合い。達郎のお見合い相手は薫。
引用元:FODプレミアム公式サイト

次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。ネタバレなしの感想3つ、ネタバレありの感想2つを紹介します。

この作品の魅力は、主人公の人柄にあります。主人公・禄郎は、父親の突然の死によって、20代半ばという若さで突然レストランのオーナーを継ぐことになってしまった青年です。
彼には経営に関する知識はもとより、レストランに関する知識もほとんどありません。これだけ見ると、棚から牡丹餅的にオーナーの地位を手に入れたお坊ちゃまのように感じられますし、反感を覚えやすい立ち位置ですが、彼には彼なりの複雑な生い立ちや苦労があったことが分かってくると、だんだんと彼に対する目が変わってきます。
また、彼は決して有能ではありませんが、心優しく真っすぐで、その内面は人情味にあふれています。その人間性と、前職で培った能力をきちんと活かして、なすべきことはきちんとなす姿に、次第に周囲の人々の心も彼を認め始めるのです。この人間関係の変遷は、見ていて気持ちが良く、清々しいような気分にさせられます。
また、ギャルソン・千石の活躍も本作の見どころです。千石は、禄郎がオーナーを務めることになったレストランでかつて働いていた非常に有能なギャルソンで、禄郎の経営がうまくいったのは、半分以上は彼の功績と言っても過言ではありません。そんな彼のちょっと抜けた一面が見られると、より人間味に深みを感じてしまいます。
何といっても、江口洋介さんが演じる主人公星野達郎の弟である、星野純平が良いキャラクターでした。とにかく兄思いの面が強く出ています。
ルックスは兄とは対照的で、その真逆なキャラクターがドラマに華を与えています。ただ、女性からモテそうなキャラクターにもかかわらず、いざと言う時にはうまくいかないところは、やはり兄弟だと言う様に感じます。
有名なのは、なんといっても武田鉄矢演じる主人公星野達郎がダンプの前に飛び出して、あわやひかれそうになりながら、「僕は死にましぇん。僕は死にましぇん! あなたが好きだから、僕は死にましぇん。
僕が、幸せにしますからぁー!」言うセリフでしょう。武田鉄矢さんの地のキャラクターとドラマの星野達郎のキャラクターが見事に融合してドラマの歴史に残る名シーンとなったと思います。
あれでダンプにひかれていたら、浅野温子さん演じる、矢吹 薫さんはどうなっていたか、と思わなくもないのですが、それはやはりドラマですね。もちろんいい意味で。
このドラマを東京ラブストーリーのようにリメイクするとなると、果たしてどのようなキャストになるのでしょうか。東京ラブストーリー以上に、キャスティングが難しい。なぜなら、本作のキャストは本当にはまっているからです。
あり得ない恋の成就というべき作品の代表です。両親を亡くし、弟のためにも頑張って働く達郎は見た目も、鈍臭さも相まってモテる要素が全く見当たらないのですが、とにかく正直で、控えめな彼のことは見ていて好感が持てました。
一方で相手の薫は忘れられない婚約者のことがいつも達郎との距離を邪魔してしまう感じで、本当にもどかしくて仕方がない感じですが、自分の想った相手の存在の大きさから見ても、本当に相手を大切にして多数とワイワイやる感じの人ではない不器用さも感じました。
薫に対して達郎が真っ直ぐにぶつかり始め、断られても諦めない姿は応援せずにはいれません。今であれば若い人から言わせればストーカーと言われてしまうかもしれませんが、当時は諦めない達郎の想いの強さは、純愛を貫いている男気がある行動と捉えて見ていました。
少しずつですが薫の心が動き出してからは応援しまくりましたし、見ていてドキドキして、どうか達郎のことをこれ以上傷付けないでくれと思っていました。
最後の場面は今でさえ有名な場面ですが、トラック前に飛び込み、薫への強烈なラストアピールをしますが、達郎が男を見せて大勝負に出たことをなんだか誇りに思っていました。
私の友人のトラックドライバーは、あれをやられたら大迷惑だと言っていましたが。めでたく結ばれる薫と達郎の組み合わせがまさしく美女と野獣的な組み合わせで、世の男性陣に希望を与えてくれたし、純愛を貫いているからこそ、短絡的な近年の恋愛に対して一石を投じてくれる作品となります。
「101回目のプロポーズ」を観た時は衝撃でした。当時恋愛ドラマといえば脇役には個性豊かな俳優陣がいても、主役の男女は美男美女が定説でした。
ですが「101回目のプロポーズ」のヒロインは美女・浅野温子ですがその相手役が武田鉄矢だった時に配役のミスマッチ感が大きかったです。
当然最初は告白しても全く相手にされず、放送された当時はまだストーカーという言葉が認知されていませんでしたが、今観るとこんな振られても振られても何度もアプローチしてくる男性ってストーカーじみててヤバくない?と思われてしまいそうです。
でも過去のトラウマが原因で恋愛に憶病になっていたヒロインに、不器用で純粋にしつこいぐらい何度もアプローチしたからこそヒロインの心にその気持ちが届いた時は、本当に良かったと応援するような気持で観てしまいました。
今だとドラマや恋愛漫画でも「不細工×美女」や「イケメン×ブス」のカップリングもちらほら見かけるようになりましたが「101回目のプロポーズ」がその走りだったんじゃないかと思います。
ただ有名すぎるあのシーン、トラックの前に飛び込んで「僕は死にましぇん、あなたが好きだから」とプロポーズするシーンは、いくらドラマの設定だといっても無謀すぎると昔も今も思います。
まずはじめにこのドラマに欠かすことのできなかったことがふたつあります。
ひとつは武田鉄矢。40過ぎて99回もお見合いして断られ続けている建設会社の万年係長という役は、この人をおいて他にいませんでした。
もうひとつは、チャゲアスの歌った主題歌のSAY YES。こののったりとした優しいリズムの曲が、なんともこのドラマにピタっとハマっていました。
武田鉄矢とSAY YES。このふたつが、なんともじれったいようで切なくて夢のあった物語に永遠に残るインパクトを残してくれたように思います。
もちろん、当時ノリノリの江口洋介、そして石田ゆり子も好演でした。武田鉄矢の弟が江口洋介ですよ。普通ならミスマッチですが、真面目な兄にチャラ男の弟という対比はよかったですね。石田ゆり子を好きになってしまった江口洋介の「俺、けっこうモテないんだな」という表情とセリフは印象に残っています。
忘れてはならないのが、田中律子。チャキチャキして明るい役柄は彼女にピッタリだったと思います。
思い出に残るシーンは、武田鉄矢がナットを指輪の代わりに浅野温子の指に付ける名シーンでしょうか。
「僕、もう何もないんですよ」という、財産などなくなっても自分のことを好きでいてくれるという、それが一番素晴らしい恋愛でしょうね。今観てなおさら、そう思います。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

\登録は3分で完了!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です