ウォーターボーイズのドラマと映画の動画が無料で視聴できる配信サービス

FODのウォーターボーイズトップ

2001年に映画が公開され、その後もドラマシリーズが放送された「ウォーターボーイズ」。

この記事ではウォーターボーイズのドラマと映画を無料で視聴する方法を紹介します。

まず、ウォーターボーイズのドラマはフジテレビが提供しているFODプレミアムで独占見放題です。

FODプレミアム
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
Paravi

FODプレミアムは月額888円かかりますが、2週間無料体験ができます。

次にウォーターボーイズの映画は動画配信サービス各社では一切配信がないので、TSUTAYA DISCASの宅配レンタルを利用すれば無料で視聴可能です。

TSUTAYAのウォーターボーイズ

TSUTAYA DISCASなら自宅にいながらウォーターボーイズの映画DVDをレンタルできますし、返却は郵便ポストに投函するだけ(往復送料無料)。

30日間無料体験ができるので、お気軽に試してみてください。

ポイント
  1. ウォーターボーイズのドラマはFODプレミアムで全話見放題
  2. ウォーターボーイズの映画はTSUTAYA DISCASで無料レンタルできる
  3. FODプレミアムは2週間無料、TSUTAYA DISCASは30日間無料

管理人

最もお得に無料体験ができる「動画見放題+定額レンタル8」プランを選びましょう!

ドラマ「ウォーターボーイズ」はFODプレミアムで見放題

FODプレミアムのトップページ

フジテレビがサービス提供しているFODプレミアムでは、ドラマ「ウォーターボーイズ」が見放題です。

TVシリーズとスペシャル版が視聴できます。

FODのウォーターボーイズ

またFODプレミアムではフジテレビで放送されてきた人気ドラマやバラエティーも見放題。

ラインナップの一例は以下の通りです。

FODのランキング

FODプレミアムは月額888円ですが、2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずはウォーターボーイズのドラマをイッキ見しましょう!

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

映画「ウォーターボーイズ」はTSUTAYA DISCASで無料レンタルできる

TSUTAYAレンタルのトップページ

TSUTAYA DISCASの宅配レンタルを使えば、ウォーターボーイズのDVDが借り放題。

しかも初回30日間無料体験ができるので、無料視聴が可能です。

TSUTAYAのウォーターボーイズ

TSUTAYA DISCASの宅配レンタルは返却期限がないので安心です。

しかも返却は郵便ポストに投函するだけだから簡単ですし、往復送料は一切かかりません。

また土日でも発送されるため、基本的に翌日には自宅に到着します。ネットで注文するだけで便利にレンタルできるのです。

動画見放題+定額レンタル8」のセットプランを選べば、動画見放題サービスのTSUTAYA TVも付いてきます。

一度きりの無料体験を堪能するためにも、まずはセットプランを試してみてください。もちろん途中でプラン変更することも可能です。

TSUTAYAセットプランのイメージ

管理人

無料体験中に解約した場合、料金は一切かかりません!

「ウォーターボーイズ」のあらすじ・感想をピックアップ!

あらすじ
今や唯野高校の学園祭のシンクロは有名になり、観光客やマスコミがそれを目当てに押しかけるほどの人気っぷり。
そんな脚光を浴びる水泳部の片隅に、何のとりえもなく、自信もなく、言いたいことも言えない、決して体育会系には似つかわしくない男・進藤勘九郎(山田孝之)はいた。
そんな彼も、一年生のときの学園祭で男のシンクロを見て以来、その圧倒されるほどの熱気と華麗なパフォーマンスに魅了され、水泳部に入部。泳ぎが下手だとバカにされながらも、シンクロをやりたいが為に頑張ってきた。
しかし、二年生の学園祭では、緊張性の下痢のため無念の欠場。 三年生の今年こそは、と密かに燃えていたのであった。
引用元:FODプレミアム公式サイト

次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。ネタバレなしの感想3つ、ネタバレありの感想2つを紹介します。

放送当時は中学生でした。イケメン揃いのメンバーたちの中で、誰が1番好きかという話題で毎週盛り上がっていました。
圧倒的に人気が高かったのは、森山未來演じる「タテノリ」こと立松憲男です。なかなか行動に移せない主人公の勘九郎に代わり、時に軽率に、時に強引にシンクロ同好会を発展させていきます。普段はおちゃらけているのに、実は良家の息子で成績も圧倒的トップというギャップも人気の秘訣でした。終盤、不慮の事故で大怪我を負ってしまったエピソードでは、みんなでショックを受けました。
次に人気だったのは、瑛太演じる田中昌俊です。シンクロ同好会にとっては1番の障害でしたが、コミカルな動きや表情で憎めない存在でした。自己アピールするときのオーバーな手の動きは、アドリブだったと聞いて驚きました。とてもいいキャラ付けになっていたと思います。それまでの敵対する姿勢から一転、颯爽と同好会に加入するシーンには笑ってしまいました。
またコワモテ筋肉で、何を考えているのかよくわからない高原。美しい飛び込みからの泳ぎが強烈すぎたデブの石塚と、シンクロ同好会のメンバーは全員個性的でした。そして最初はいまいち噛み合わなかった主人公の勘九郎とタテノリですが、どんどんいいコンビへと成長していきます。二人三脚でシンクロ同好会を大きくしていくというのは、映画『ウォーターボーイズ』との大きな違いだったと思います。
主人公の進藤勘九郎を演じる山田孝之が、現在のように多彩な演技派だけれどクセが強めなキャラクターであると知れ渡る前、パブリックイメージは爽やかイケメンだった時代(2003年)のドラマです。
少しパッとしないけど憎めない、でもシンクロに対する情熱や仲間意識の強い等身大の高校生として、青春を演じているのが感慨深いです。
森山未來・瑛太という今では主役級の豪華なメンツを筆頭に、キラッキラした若手俳優達が海パン姿で躍動するのが見れるだけでも眼福ものです。
今をときめく人気俳優に昇り詰めた、あの田中圭がメインキャストではなかったという贅沢さ。
妻夫木聡主演の映画が先行して公開され、ヒットを受けてのドラマ化という流れだったので、どうしても一般的な印象としては映画よりドラマの方が格下感が出てしまいがちなんですが、キャスト陣が実力派(あまりにも初々しい香椎由宇はご愛嬌ですが)が揃っていたからか、そんなことさえ頭によぎらせない満足感を味わえるドラマになっています。
同じ肌感覚で夏の終わりに向けてストーリーを追える連ドラだからこその楽しみ方へと昇格してくれているからです。(後に山田孝之は『世界の中心で、愛をさけぶ』でも実証してくれているのですが。)
映画版で活躍したボーイズの1人である玉木宏が水泳部OB役、眞鍋かをりが顧問役として登場する、映画とリンクする世界観もファンにはうれしいところです。夏が来ると見たくなるドラマの1つだと思います。
小学生の頃に再放送でお昼に観ていたのですが、こんな楽しそうな部活が高校に行ったらあるのかと思ってとても楽しみになった作品でした。
実際は高校に水泳部はあるけどシンクロ部なんてなくて残念だなと思いました。文化祭とかでシンクロをみてみたかったなと改めて思います。いろんな困難に耐えながらも大会に出たり、文化祭で演技したりで楽しそうで青春ですね。見本はあるとはいえど自分たちでダンスを考えたりしている姿はすごいなと。
家庭の事情が邪魔したりするところが実際にありそうなストーリーで、その仲間を助けるところがとてもよかったし友達っていいなと思いました。
段々シンクロの魅力に気づいて他の部活から部員が増えていくところには頑張った成果がありました。人数が少ないときも頑張っていてすごいなと思っていましたが、部員が増えてからの演技が迫力がすごいしかっこよくて、こういう団体競技は人数がいてなんぼのものなんだなと思いました。
実際にシンクロ部なんてある学校が少ないのでもっと主流な部活になったらいいのになと思います。
この作品によって、世間にシンクロナイズドスイミングが広まった言っても過言では無いと思います。シンクロは水泳の中でも世間の注目度は低かったと思います。
ただ、この作品によつて多くの人がシンクロに興味を持ったと思います。しかも、シンクロをする人が女性ではなく男子高校生にしたことによって、男女共に支持を集めたのでは無いかと思います。
作品自体も見応えがありました。最終回のシンクロのシーン1分足りたとも目が離せないぐらい迫力があり感動しました。また、エンディングで練習風景を流してたのも良かったと思います。
練習風景を見る事で視聴者は親近感が湧き、ほんとに練習してるんだ、この子たちの成長を一緒に見たいという気持ちにかられるからです。
私個人的には男子高校生を演じた俳優さんより石原さとみに目を奪われてしまいました。当時では珍しい黒上のロングに太いまゆ。
一見、男性受けはしなさそうなのですが、石原さとみの演技に目を奪われた男性は多かったと思います。もう1人のヒロイン役である鈴木えみにも注目です。
鈴木えみは当時の学生であれば誰もが憧れるモデルの1人だったと思います。その憧れの人をドラマで見れたのも貴重だったと思います。
コメディを得意とする、矢口史靖監督の作品。若いころの妻夫木聡や玉木宏が出ているので、そういう見方もできる作品です。
それまでの矢口監督の作品と大きく変わらないものの、マニアックな印象を極力排した印象があり、それが大ヒットにつながったのだと思います。
物語自体は、ひとつの目標にむかって、ダメなひとたちがまとまっていく、「頑張れベアーズ」の方式にならったもの。先が読めるストーリーでありながら、それが安心感にもなり、途中途中の、矢口監督らしい、映画マニアを楽しませる小ネタがいいアクセントになっていたりもします。
フィンガーファイヴやシルヴィヴァルタンなど、今思えばやたらと懐かしい曲が多く使われているのもの特徴かと思います。パフィーの曲が流れるのは、その時代をそのまま表しているようにも思います。
その後の「スウィングガールズ」や「ハッピーフライト」などなど、矢口監督の作風が固まった作品でもあり、一気にメジャー監督の仲間入りをしていきます。
矢口印とも言えるような、どこか安心感のある、悪く書けば、ワンパターンな、でも、決してつまらなくない、そんな作品たちの雛形になりました。よい意味で深く、集中せずに見れる、娯楽作品のスタンダードです。

管理人

最もお得に無料体験ができる「動画見放題+定額レンタル8」プランを選びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です