アンナチュラルの動画が1話から無料で視聴できる配信サービス

アンナチュラルのキービジュアル

2018年冬にTBS系で放送され、石原さとみさんの強かな姿が話題になったドラマ「アンナチュラル」。

この記事ではドラマ「アンナチュラル」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、アンナチュラルはTBSがサービス提供しているParavi(パラビ)で独占見放題です。

paraviのアンナチュラル

Paravi
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム

Paraviは月額1,017円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. アンナチュラルはParaviで全話見放題
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額1,017円でTBSやテレビ東京のドラマやバラエティーが見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

アンナチュラルはParaviで全話見放題

Paraviのトップページ

TBSやテレビ東京、WOWOWなどが連携している動画配信サービスのParavi(パラビ)では、「アンナチュラル」が全話見放題です。

アンナチュラルのエピソード

またParaviでTBSやテレビ東京で放送された歴代ドラマやバラエティーなどが見放題です。

paraviのラインナップ

Paraviは月額1,017円ですが、初回2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずは「アンナチュラル」をイッキ見しましょう!

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

Paraviの登録方法

Paraviの登録手順を写真つきで解説します。面倒な手続きもなく、2分ほどで完了しますよ。

STEP.1
公式サイトに移動
Paraviの登録方法①

Paravi公式サイトに移動し「まずは2週間無料体験」をタップします。

STEP.2
アカウントを作成
Paraviの登録方法②

アカウントの作成方法を選びます。
メールアドレスのほか、外部アカウントでも登録可能です。

STEP.3
情報を入力
Paraviの登録方法③

名前、メールアドレスなどを入力します。

STEP.4
支払い方法を選択
Paraviの登録方法④

支払い方法を選択し、決済情報を入力します。
無料体験中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されます。

STEP.5
登録完了
Paraviの登録方法⑤

規約同意にチェックを入れて「登録する」をタップします。

管理人

登録は2分ほどで完了します!

アンナチュラルのあらすじ・出演キャストは?

あらすじ
法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)=通称UDIラボでは、東京都23区外、西武蔵野市を中心に、全国津々浦々で発見された異状死体や犯罪死体を引き受けている。
警察や自治体から依頼されて運ばれてくる遺体は年間約400体。その遺体を解剖し、死因を究明するのが、ミコトたちUDIラボの仕事だ。
UDIラボには、三澄班と中堂班の2チームが存在する。三澄班は執刀医のミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、記録員の久部六郎(窪田正孝)。中堂班は法医解剖医の中堂系(井浦新)、臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)。そして、それらの個性的なメンバーを束ねるのが所長の神倉保夫(松重豊)だ。
引用元:TBS『アンナチュラル』公式サイト
三澄ミコト…石原さとみ
久部六郎…窪田正孝
東海林夕子…市川実日子
中堂系…井浦氏
神倉保夫…松重豊
三澄夏代…薬師丸ひろ子

アンナチュラルの感想をピックアップ!

アンナチュラルが好きな人の感想を集めてみました。ネタバレなしの感想3つ、ネタバレありの感想2つを紹介します。

法医解剖医を主人公としたお話で、涙なしでは見られないものでした。
あまり表立った色恋沙汰はないのですが、1人の解剖医の恋人の死が主軸となっていきます。
中堂という解剖医は、恋人が不自然死し、その謎を解明するために、恋人との関係を隠し、解剖した過去がありました。しかし、その時には何もわからず、ずっと1人で関連するような事件などから手がかりを探っていました。見ていてとても切なくて、胸が苦しくて、また挿入歌である米津玄師のLemonのタイミングが良すぎて…号泣した回も少なくはありません。
また、現代でも話題になっていることを取り上げることも多く、いじめ問題が取り上げられる回もありました。その際、主人子の三澄が、「法律では裁けない「いじめ」という名の殺人」と言ったセリフには考えさせられました。いじめが原因で子供が亡くなるニュースを見かける頃だったと思うので余計に重く感じたのかもしれません。石原さとみなど有名人も多く出ているドラマなので、若い方にも見て考えていただきたい内容だと思いました。
それぞれの回での謎解きなどはもちろんのことですが、全体を通して、命の重さ、大切さを改めて実感させられる話だと思います。
「たまたま命を落とす。そして私たちはたまたま生きている」というセリフが作中に出てきます。たまたま生きている私にできることはなんだろうか?と考えつつ、今をしっかり生きなければと思わされました。
本当に好きな作品です。たまに再放送されますが、その度に嬉しいですね。まず登場人物一人ひとりの設定が細かいところが好きです。おかげで観ていて手の届かないかゆいところ、という物がありません。本当に人間の事を大事に考えられている方が脚本を務めたのだろうと感じます。
中心人物だけでなくその回にしか登場しないような方であっても、背景がしっかり伝わります。その為一話にギッシリと内容が詰まっているのですが、セリフが多かったり展開が早かったりする訳ではないのが不思議です。
アンナチュラルというタイトルですが、物語の流れはとても自然で観ていて疲れる事がありません。ただ、共感出来すぎてしまって胸が苦しくなる事は沢山ありました。こういう作品の事をヒューマンドラマと言うのだと思います。
主人公の女性がとても魅力的ですが、彼女の視点から描かれるシーンはあまりありません。主人公の勤め先にバイトとしてやって来た後輩の視点から描かれる事の方が多いくらいですが、故に魅力が分かるのかもと思います。
近くにいる人から見た主人公の姿が視聴者にも分かると、より主人公に頑張ってほしいという想いが募り、また物語にも深く入り込める気がします。全て見逃せないくらいに全ての描写が大事な作品だと思いますが、観ていると何故か心が癒されていく、そんな作品です。
2018年に公開されたこのドラマは、専門の研究所を舞台としたことで他の法医学を扱ったドラマと一味違っています。もちろん通称がUDIラボと呼ばれるこの研究所は実在しないのですが、現在の日本の変死体に対する現状を反映しているのです。確かに都心部以外の場所では、専門に担当する部署がないという事実があります。しかし不自然な遺体をどうするのかは、完全に各自治体に任されており大体は司法解剖はされていないのが現状です。本来であれば不自然な遺体であれば、原因を追究し事件性がないのを確認する必要があります。それができていないのは、人手不足や予算が足りないといった事情もあるでしょうが、もう一つは日本人特有の遺体に傷を残すのはタブー視するものが大きいです。確かに何事もなければ、家族や恋人の遺体に意味のない傷を死後に増やすことに嫌悪感を持ってしまいます。しかしもしも何らかの意図がある事件の可能性がある場合には、例え可能性が低かろうが確かめるべきです。このドラマを見て始めて司法解剖の必要性と嫌悪感を払拭すべきだということを、理解するようになったのです。このドラマを見たことで、嫌悪感を持ちがちな司法解剖への新たな見識を広めることになります。
日本では不自然死(通称アンナチュラル・デス)の8割が解剖されないまま、荼毘に付されるという先進国でも最も低水準の国。そんな中、国の認可を受け設立された不自然死究明研究所(通称UDIラボ)はそんな解剖率を改善する為につくられた場所です。
主人公の三澄ミコトはそこで法医解剖医として働く女性です。家族を一家心中で失ったという過去のある彼女は「不条理な死」を許せず、原因不明で終わらされる遺体の謎を解剖によって解き明かしていきます。
主人公の三澄ミコトの独立心が強く、負けず嫌いだけれど理路整然と相手に立ち向かう自分の信念に真っ直ぐなキャラクターはとてもかっこいいです。それとは真逆で異性間交流会と称して合コンをするミコトの同僚の東海林夕子も憎めない可愛らしさがあるキャラクターでとても愛着が湧きます。
そして、普段は不愛想で口が悪い法医解剖医の中堂系を演じる井浦新さんの演技が素晴らしく、井浦さんの醸し出す色気と中堂さんの抱えている闇の部分が表現されていて、とても切なくて魅力的です。
他にも個性豊かな登場人物たちが出ますが、このドラマのすごいところは登場人物の誰しもが恋人関係にならないところだと思います。それぞれきちんと自分という人間と仕事に向き合って自立しているというのを描いているのが、とても新しいタイプのドラマで新鮮でした。
ドラマの内容は救われないような部分もありますが、最後はスカッとするような終わり方もあります。1話完結で見やすいですが、それぞれのストーリーに込められたテーマや人間関係の深さには感動します。
人の死と向き合う仕事で悲しいドラマかなと思っていましたが悲しさもありつつ笑えたりするところもあったので夢中で見ることができました。
中堂が「クソが!」と言うセリフがとても印象的で、さらにびびる坂本も動きが面白かったです。人の死はいろんな理由から起こり、人のためになったりすることもあれば、命がなくなれば願いが叶うと思ったが叶わなかったりと、見ていて実際に人の死について向き合ってくれている人がいるんだなと思い感動しました。
真実は時に新たな事件を起こしてしまうが、理由がわからず大切な人が亡くなってしまった遺族からすれば辛さから救われることもあるのかなと感じました。
また、ミコトが辛い境遇にありながらも家族との絆がしっかりと感じられて、一生懸命に育てられてきたんだなと親子の会話のシーンを見てほっこりしました。
ミコトは職場の同僚のことも大切にしていて仕事をする上でチームワークが大切なんだなと思えました。
最終話ではずっと気になっていた事件で解決するまでに時間が勝負だったので、ヒヤヒヤしながらも頑張れって応援したり犯人に捕まってほしいと思い集中して見ていました。予想していた展開とは違ったがある意味遺族がすっきりした表情を見て、前をやっと向いて生きていけるのかなと、もどかしさを感じつつも解決したことに嬉しさも感じました。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です