ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の動画が1話から無料で視聴できる配信サービス

渡る世間は鬼ばかりのキービジュアル

1990年からTBS系で放送され、スペシャル版が放送されるたびに話題となるドラマ「渡る世間は鬼ばかり」。

この記事ではドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズを無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、渡る世間は鬼ばかりはTBSがサービス提供しているParavi(パラビ)で独占見放題です。

FODの渡る世間は鬼ばかりトップ

Paravi
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム

Paraviは月額1,017円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. 渡る世間は鬼ばかりはParaviで全話見放題
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額1,017円でTBSやテレビ東京のドラマやバラエティーが見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」はParaviで全話見放題

Paraviのトップページ

TBSやテレビ東京、WOWOWなどが連携している動画配信サービスのParavi(パラビ)では、「渡る世間は鬼ばかり」が見放題です。

第1シリーズからスペシャル版まで勢ぞろいです。

paraviの渡る世間は鬼ばかり①paraviの渡る世間は鬼ばかり②

またParaviでTBSやテレビ東京で放送された歴代ドラマやバラエティーなどが見放題です。

Paraviは月額1,017円ですが、初回2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずは「渡る世間は鬼ばかり」をイッキ見しましょう!

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

Paraviの登録方法

Paraviの登録手順を写真つきで解説します。面倒な手続きもなく、2分ほどで完了しますよ。

STEP.1
公式サイトに移動
Paraviの登録方法①

Paravi公式サイトに移動し「まずは2週間無料体験」をタップします。

STEP.2
アカウントを作成
Paraviの登録方法②

アカウントの作成方法を選びます。
メールアドレスのほか、外部アカウントでも登録可能です。

STEP.3
情報を入力
Paraviの登録方法③

名前、メールアドレスなどを入力します。

STEP.4
支払い方法を選択
Paraviの登録方法④

支払い方法を選択し、決済情報を入力します。
無料体験中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されます。

STEP.5
登録完了
Paraviの登録方法⑤

規約同意にチェックを入れて「登録する」をタップします。

管理人

登録は2分ほどで完了します!

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」のあらすじ・感想をピックアップ!

あらすじ
中華料理店「幸楽」は、愛(吉村涼)と誠(村田雄浩)の世代が店を切り盛りするようになり、ますます繁盛していた。そんなある日、忙しい時間に手伝おうとした五月(泉ピン子)は足がもつれ、お客に料理をこぼしてしまう。そのことを愛に叱られ、寂しく思う五月だった。
この日の午後は勇(角野卓造)の母・キミ(故・赤木春恵)の四十九日法要が営まれた。キミの思い出話をしていると、弁護士の末永(松村雄基)がキミの遺言書を携え訪ねてきた。そこにはキミの遺産を五月に譲ると書かれていた。
一同が驚き、五月は遠慮し辞退を申し出るが、その場に居合わせたキミの長女・久子(沢田雅美)と次女・邦子(東てる美)は、自分たちに取り分がないことを知り、穏やかではいられない。
一方で、眞(えなりかずき)は法要に出かけながらもさっさと帰り、親戚付き合いの苦手な貴子(清水由紀)と激しい口論になる。
引用元:TBS『渡る世間は鬼ばかり』公式サイト

次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。ファンの方の濃い感想をご覧ください。

五月を中心に、五人姉妹の悲喜こもごもをリアリティたっぷりに描いているところがとても面白いです。それぞれの悩みや問題に共感し、いつもハラハラしながらも最後まで見入ってしまいます。
本当の悪人がいたり、大事件が起こるわけではないけれど、その日常が戦いのようでもあり、登場人物たちの心情、会話の一つ一つに考えさせられます。シリーズが進むにつれ、時代による変化もきちんと表しているのが興味深いです。
それでも独特のセリフ回しは変わらず味わい深く、それを聞くのが楽しみの一つになっています。嫁姑問題や親子関係はより複雑なんですよね。
特に、眞と貴子の夫婦がどうなるのかに注目しています。眞はとてもいい人だけど、意外に古風な考えを持っているようなのが気になるんですよね。それが貴子を苦しめるのでなないかと。何とかお互いの気持ちに寄り添えるようになってほしいですね。
五月も本当は、眞たちが心から幸せなのが一番だとする母親だと信じています。たとえ自分の思い通りにはならないとしても、子供の気持ちを考える優しさがある人だと思うんですよね。これだけ長く続いていても全く飽きずに、いつまでも姉妹やその周りの人達の人生を見ていきたくなります。
日本の家族や社会にとって永遠のテーマである嫁姑問題や同郷問題、介護の問題などを長年にわたって描き続けたホームドラマ。基本は岡倉家を中心とした様々な人々がどのように日々の生活を送りつつ、課題にぶち当たりながらも解決していくかを描いている。
シリーズが非常に長くなったこともあり当時子役だった配役が結婚して子供ができたり、出演者が高齢でなくなって時代が変わるなど非常にロングランのファンが多い作品です。
しかしながら主演である泉ピン子さんが健在である限りこの作品はずっと続いていくと思いますし、日本の家族の姿を描き続けてほしいと願わずにはいられません。この作品で面白いのはなんといっても、子供たちが常にセリフもキャラクターも大人びていていわゆるアダルトチルドレンばかりだと言うところでしょうか。
橋田寿賀子さんの脚本の上では多いパターンなのかもしれませんが少し笑いを誘うところがあります。そしてそのような子供たちも、今では立派な大人として渡る世間は鬼ばかりの中で主要なキャラクターを務めるようになりつつあります。
渡る世間は鬼ばかりを昔から見直してみると、日本の家族は嫁姑問題だけではなく、さらに様々な悩みが多様化していることをよく映し出していると思います。
全シリーズ観ました。スペシャルも全て観ました。弥生、五月、文子、葉子、長子、5人の娘の家族、人間模様が事細かく描かれています。30年に及ぶ話になるので矛盾も多く、登場人物も大変多いです。
私は山岡久乃さんが好きで見始めたので、第4シリーズでは急死した設定になりショックを受けました。さらにシリーズ中に山岡さんご本人もお亡くなりになり大ショックを受けました。
その後は野村昭子さんがいい味を出して「おかくら」を守ってきたので今度は野村昭子さんのファンになってしまいました。最新スペシャルでもお元気な姿を見せてくれました。まだまだお元気でいつまでも「タキさん」を演じてもらいたいです。
5人の娘の父役は藤岡琢也さんでした。しかし、第8シリーズからは宇津井健さんに代わりました。雰囲気があまりに違い過ぎて最初は戸惑いましたが、だんだんと慣れていきました。
逆に文子、葉子、長子の父は宇津井健さんの方がぴったりと思うようになりました。今は長子の娘、日向子が「おかくら」の跡を継いでいます。最新のスペシャルを期待していたのですが、今年は無理そうですね。
コロナ禍で飲食業の「おかくら」「幸楽」が心配です。弥生もお年寄りが集う喫茶店、文子は旅行代理店を営んでいます。文子の息子はハワイでホテル業をやってますし、みんな今は大変です。橋田先生も頭を悩ませていますね。
私は母親がこのドラマが好きだった影響もあり小さい頃からよく見ています。このドラマの見どころはなんといっても家族間の揉め事です。
特に嫁と姑の揉め事が多くてまたかと思ってしまうぐらいです。私が一番好きなのは五月家族の揉め事です。姑や義理の姉や聖子や娘問題などとにかく次々と問題が起きてしまって五月は本当に大変だと思います!
ドラマじゃなかったら五月はぶっ倒れてしまってると思います。また印象に残っているのはかづです。複雑な境遇で私には父も母もいない、一人で自由に生きていくとよく言っているのに最終的には五月家族にお世話になり、幸楽の事や真の事など何かと口を出していて形見が狭いはず無のにとても存在感があり凄い子だなぉと思いました。
またこの子は幼いけど本当に一人で生きていく強さがあると感心してしまいました。最近はドラマに出てきてませんが、また登場してほしい存在です。
このドラマは登場人物が多くて、とても長く続いているのでこの人はどんな関係性の人だったかなぁなど分からなくなってしまうことがよくあり、私の場合はネットで調べながらドラマを見ることがよくあります。それだけ内容が濃く面白いドラマなので終わってほしくありません。
岡倉家の次女、五月が嫁いだ小島家の嫁姑問題は、昭和の典型的な嫁姑の関係を見ているようです。小島家は幸楽という中華料理屋を営んでいるのですが、当然五月も従業員として働き、もちろん主婦としての家事や育児などの仕事も五月の仕事です。
姑のキミは、家長として家のことも幸楽のことも自分の思い通りに進めるし、五月の夫もやっぱり母親には真っ向からは歯向かえない。同居が当たり前だった昭和の時代の嫁は、とても共感できる部分が多そうです。
岡倉家には5人の娘がおり、それぞれみんな嫁いでいるのですが、5人もいればどこかしらに代わる代わる問題が起こるのです。ですが、やはりそこは姉妹。
誰かの身に問題が起こると、忙しい合間をぬって岡倉家に大集合します。岡倉家の実家で営んでいる、お食事処おかくらに集まって、さらにそこで働くタキも参戦してあれやこれやと姉妹のために知恵を出し合うのです。
女は強くてたくましい、これまた昭和らしいなと感じます。岡倉家の5人の姉妹の話を中心に、それぞれの夫、子供、嫁姑、介護、離婚と目まぐるしい問題を取り上げた懐かしさも感じるホームドラマで、生きていれば誰しもが直面する問題ばかりで、まるで人の家庭を覗いているようなリアリティのあるドラマです。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です