ドラマ「天皇の料理番」の動画が1話から無料で視聴できる配信サービス

天皇の料理番のキービジュアル

2015年にTBS系で放送され、佐藤健さんのひたむきな姿が話題となったヒューマンドラマ「天皇の料理番」。

この記事ではドラマ「天皇の料理番」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、天皇の料理番はTBSがサービス提供しているParavi(パラビ)で独占見放題です。

Paraviの天皇の料理番トップ

Paravi
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム

Paraviは月額1,017円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. 天皇の料理番はParaviで全話見放題
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額1,017円でTBSやテレビ東京のドラマやバラエティーが見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

ドラマ「天皇の料理番」はParaviで全話見放題

Paraviのトップページ

TBSやテレビ東京、WOWOWなどが連携している動画配信サービスのParavi(パラビ)では、「天皇の料理番」が全話見放題です。

全12話が揃っています。

paraviの天皇の料理番①paraviの天皇の料理番②

またParaviでTBSやテレビ東京で放送された歴代ドラマやバラエティーなどが見放題です。

paraviのラインナップ

Paraviは月額1,017円ですが、初回2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずは「天皇の料理番」をイッキ見しましょう!

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

Paraviの登録方法

Paraviの登録手順を写真つきで解説します。面倒な手続きもなく、2分ほどで完了しますよ。

STEP.1
公式サイトに移動
Paraviの登録方法①

Paravi公式サイトに移動し「まずは2週間無料体験」をタップします。

STEP.2
アカウントを作成
Paraviの登録方法②

アカウントの作成方法を選びます。
メールアドレスのほか、外部アカウントでも登録可能です。

STEP.3
情報を入力
Paraviの登録方法③

名前、メールアドレスなどを入力します。

STEP.4
支払い方法を選択
Paraviの登録方法④

支払い方法を選択し、決済情報を入力します。
無料体験中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されます。

STEP.5
登録完了
Paraviの登録方法⑤

規約同意にチェックを入れて「登録する」をタップします。

管理人

登録は2分ほどで完了します!

ドラマ「天皇の料理番」のあらすじ・感想をピックアップ!

あらすじ
明治37年 (1904年) 正月。
福井の秋山家は、父・周蔵 (杉本哲太) を筆頭に、弁護士を目指す長男・周太郎 (鈴木亮平) も帰郷し、家族一同希望に満ちていた。唯一心配の種と言えば、仏門に修行に入った16歳の次男・篤蔵 (佐藤健)。そしてその不安は的中、正月の祝いの席に 「もう面倒は見切れない」 と寺から破門を言い渡された篤蔵が、意識の無い状態で運び込まれたのだ。もしや死んだのか !? と心配する秋山家の面々だが、運んできた坊主に言わせると、どうやら酒を飲んで酔っ払い、墓場の坊主墓を落とす悪行をしでかしたらしい。
引用元:TBS『天皇の料理番』公式サイト

次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。ネタバレなしの感想3つ、ネタバレありの感想2つを紹介します。

佐藤健さんはどんなドラマに出ても優秀な役が似合っていると思いました。悪役を演じるときは見たことがあまりないのでイケメンシェフも似合っていました。
佐藤健さんの作ってくれたサーモンのパイ包みが絶賛されていて、オシャレな感じが良いです。日本人のように焼き魚を出して食べる習慣がないと思うのでオシャレな料理を考えるのって意外と日本人にもアイディアがたくさん持っているんだと感じました。
楽しい食事をするためにお金持ちをおもてなしするためには日本人の繊細な腕が期待されるんだと思いました。おもてなしと言ったら日本人は優れているので海外からは喜ばれやすいです。
しかも素敵な恋愛もしていてさすがだと思いました。時代が時代なので、海外の物を口にするということの機会がめったにないと思いますが、日本人もだんだんと欧米化してきているのがわかります。
まだお肉をフォークで食べずにお箸で食べていたので食文化としては最初の頃なんだろうと思いました。戦争が終わってから日本人は欧米食を口にすることは抵抗がなかったのかなと疑問に思いました。
でも、肉を食べる習慣が少しづつ増えてきて現在の食文化を作り上げてきてくれたんだと思ったら何もない時代のときですがこういった歴史があったんだと思いました。
直木賞作家・杉森久英の小説「天皇の料理番」のドラマ化は、2015年の佐藤健主演で3回目となりますが、佐藤健の魅力が前面に押し出されたリメイクが施され、スケールの大きな感動のドラマとなっています。
カツレツの味が忘れられず、西洋料理のシェフになるという夢を抱いた青年・秋山篤蔵が、天皇の料理番になっていくまでの姿が描かれています。
料理に対する態度は真剣そのもので、佐藤健は、自ら修業し、細かな料理のシーンも本人が演じています。ヘアスタイルも丸坊主で、イケメンの佐藤とはかけ離れたイメージとなっていますが、新たな魅力を発見した感じです。
明治後期から戦争を経て昭和に変わる時世を駆け抜け、舞台は、片田舎から東京、そしてフランスにまで及び、一大スペクタクルとなっています。天皇の料理番となってからの自分の役割を模索する姿には感動しました。
実際に近い天皇の料理というものを視覚的に見ることができたことも、満足感につながりました。また、篤蔵の初期のころのダメっぷりがユーモラスに描かれていて楽しめますし、俊子と結婚にいたるまでの数々のエピソードも興深いです。一方、病弱な兄との関わりや別れも篤蔵の人生に大きな影響を与えているところも感動的です。
私はドラマ「天皇の料理番」を観て、「夢に対する情熱」と「人の温かさ」が特に魅力的だと思いました。
まず、夢に対する情熱についてです。このドラマでは、ある料理人の実話をもとに、料理人を目指す主人公の人生が描かれます。主人公は、ささいなきっかけから料理人を目指すことを決め、料理人になるべく修行に励みます。
しかし、料理人への道はそう簡単なものではなく、主人公には次々と困難が襲い掛かります。それでも諦めることなく料理人になるために努力を重ねていく姿から、料理人になりたいという夢へ懸ける気持ちの強さが伝わってきて、思わず応援しながら観ていました。
次に、人の温かさについてです。主人公は、料理人として歩む過程で、家族はもちろん料理人としての師匠など様々な人々と出会います。それらの人々は時に厳しく、時に優しく主人公を励まし、支えていきます。
主人公を支える人々は、それぞれ年齢や立場は異なりますが、その表情や言葉から主人公のことを本当に大切な存在だと感じていることが伝わってきて、その気持ちに感動しながら観ていました。
また、周囲の人々に支えられる主人公自身も周囲への感謝を忘れずに努力していることが伝わってきて、支えてくれる人々を真っすぐに考えることの大切さを感じながら観ていました。
豪華なキャスト。派手なアクションとかは無くても、ドキドキする話の展開。小道具やセットも実際には知らない昔のその時代を想像させ、ひとつひとつのシーンが背景も含めて見どころと言っても良いと思います。なんでこんなに登場人物それぞれが魅力的なんでしょう?
半生の長い長い物語ですから、中には途中で亡くなってしまったり、登場しなくなってしまう役柄の人もいるのですが、その後も、「あの人の存在があってこその主人公の人生だな。」とか、「あの人はその後どうなってしまったのかな?」とか色々思い返せます。
毎週楽しみに見ていたころは、最終回を迎えて終わってしまうことが本当に残念でした。元々ダメダメだった次男坊の主人公の成長していく、人生を切り開いていく様もさることながら、私はこのドラマで主人公の兄役、鈴木亮平を改めて「発見」しました。
その後大河ドラマ「西郷どん」であんなに恰幅の良い(ありていに言うと、デブ)役を堂々と演じた人とは思えないほどのガリガリの痩せっぷり。当時は死の病である結核になってしまうインテリなのですが、ここまで本当に痩せられるなんて尋常じゃありません。
演技力は言うまでもありませんけど。病を得て、自分の将来に夢を見られず、弟に託す…。本当は自分だってという気持ちだってあったでしょうに。この作品は何か得難いものを私の内面ににもたらしてくれた気がします。出合えたことに感謝。貴重な時間でした。
幼い頃から何をやるにも荒っぽくやんちゃな性格の秋山篤蔵は、ある日偶然食べたカツカレーの味に衝撃を受け料理人になることを誓います。
様々な料理店を転々としながらも料理の修行に励む篤蔵。そしてパリに修行に行きますが、そこでは人種差別を経験したりと過酷な状況が続きます。帰国した篤蔵は長年好きだった俊子と再会し惹かれ合っていき、仕事の方では何と天皇の料理番とまでなります。
関東大震災や戦争など、過酷な時代を生き抜きながらも料理にひたむきな秋山篤蔵とそれを支える妻、俊子の物語はとても泣けます。最終話でGHQのアメリカ人の横暴さに思わず怒りそうになる篤蔵ですが、妻の形見である鈴を見て思いとどまる姿は、涙なしには見れません。
そしてドラマの中で一番印象的だったのは、料理長の宇佐美鎌市がマッカーサーに「日本人にとって天皇とは何だ?」と聞かれる場面。
自分の放つ台詞でこれからの天皇の処遇が決まるというとても重要で責任の重いシーンですが、マッカーサーに対して宇佐美は「味噌だ」と答えます。
一見、不敬とも思える言葉ですが、そこには日本人が生まれる前から当たり前のように存在して、これからもずっとあるという天皇の存在を的確に表現していて、この台詞は今でも忘れられないずっと心に残る言葉です。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です