ドラマ「グッドドクター」の動画が1話から無料で視聴できる配信サービス

グッドドクターのキービジュアル

2018年からフジテレビ系で放送され、山崎賢人さんの演技が話題となった医療ドラマ「グッドドクター」。

この記事ではドラマ「グッドドクター」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、グッドドクターはフジテレビが提供しているFODプレミアムで独占見放題です。

FODプレミアム
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
Paravi

FODプレミアムは月額888円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. ドラマ「グッドドクター」はFODプレミアムで全話見放題
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額888円でフジテレビの人気ドラマやバラエティーが見放題

管理人

無料体験にはAmazonアカウントが必要です。お持ちでなくても簡単に作れます!

\登録は3分で完了!/

ドラマ「グッドドクター」はFODプレミアムで見放題

FODプレミアムのトップページ

フジテレビがサービス提供しているFODプレミアムでは、ドラマ「グッドドクター」が見放題です。

全10話が揃っています。

FODのグッドドクター①
FODのグッドドクター②

またFODプレミアムではフジテレビで放送されてきた人気ドラマやバラエティーも見放題。

ラインナップの一例は以下の通りです。

FODプレミアムのランキング

FODプレミアムは月額888円ですが、2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずはグッドドクターをイッキ見しましょう!

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

FODプレミアムの登録方法

FODプレミアムの登録手順を写真つきで解説します。

STEP.1
公式サイトに移動
FODプレミアムの登録方法①

FODプレミアム公式サイトに移動し「今すぐはじめる」をタップします。

STEP.2
Amazon Payを選択
FODプレミアムの登録方法②

支払い方法で「Amazon Pay」にチェックを入れます。
Amazonに登録しているクレジットカードを使うだけで、特に面倒な手続きはありません。

STEP.3
決済サービスにログイン
FODプレミアムの登録方法③

規約同意のチェックを入れて「決済サービスにログインする」をタップします。

STEP.4
Amazonにログイン
FODプレミアムの登録方法④

Amazonアカウントにログインします。
アカウントをお持ちでなければ、新規作成しましょう。

STEP.5
サービス内容を確認
FODプレミアム登録方法⑤

無料体験の期間が表示されるので、スマホなどにメモしておくと忘れません。

STEP.6
登録完了
FODプレミアムの登録方法⑥

「この内容で登録する」をタップして登録完了です。
2週間以内に解約した場合、料金はかかりません。

管理人

登録は3分ほどで完了します!

ドラマ「グッドドクター」のあらすじ・感想をピックアップ!

あらすじ
幼い頃から小児外科医になることを夢見ていた新堂湊(山﨑賢人)にとって今日は記念すべき日だ。なぜなら、あと数時間後にはレジデントとして、東郷記念病院の小児外科で働けるのだから―。
東郷記念病院の小児外科はいつもの通り多忙を極めていた。一人前の小児外科医を目指して日々激務をこなしている瀬戸夏美(上野樹里)も、食事をとろうとした矢先、患者のことで携帯で呼び出され休む間もない。
そして今日は、小児外科のエース・高山誠司(藤木直人)も出席し、小児外科長の間宮啓介(戸次重幸)、理事長の東郷美智(中村ゆり)、副院長の猪口隆之介(板尾創路)、院長の司賀明(柄本明)らが一堂に会し経営会議が開かれていた。そこで司賀から、小児外科に今日からレジデントとして新堂湊という青年を招くことが告げられる。
引用元:FODプレミアム公式サイト

次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。ネタバレなしの感想3つ、ネタバレありの感想2つを紹介します。

私はドラマ「グッドドクター」を観て、「真っすぐな気持ちを持つ主人公の姿」と「温かい人間模様」が特に魅力的だと思いました。
まず、真っすぐな気持ちを持つ主人公の姿についてです。このドラマでは、サヴァン症候群ながら小児科医として働くことになった主人公の成長が描かれます。主人公は、高い記憶力を持ち医学的知識は豊富ですが、障害があるがゆえに様々な問題を起こしてしまいます。それでも日々全力で患者を救うために奮闘する主人公の姿が健気で、いつも元気をもらいながら観ていました。
次に、温かい人間模様についてです。主人公は、小児科医として患者である子どもと同じ目線で向き合い、少しずつ仲を深めていきます。また、周囲の理解を得ることが難しい状況の中でも、主人公の純粋さに感化され、指導医など時に厳しさもありつつ温かく主人公を見守る存在も現れていきます。患者や周囲の人々と織り成す人間模様がほのぼのとしていて、癒されながら観ていました。また、主人公と接する人々の表情から主人公に対する愛情が伝わってきて、思わず笑顔になって観ていました。さらに、少しずつ変化していく主人公と周囲との関係性が面白く、毎回その変化を楽しみながら観ていました。
自閉症スペクトラム障害でサヴァン症候群の医師の新堂湊役を山崎賢人さんが演じているドラマですが、山崎賢人さんの演技がとても素晴らしく、自閉症やサヴァン症候群の方をよく研究していることが伝わってきます。山崎賢人さんの代表作にもなるドラマだと思います。
人とのコミュニケーション力に欠けていて、行動も人と違うため、周りの人とトラブルを起こしてしまう湊を、全身で理解し応援する守ろうとする司賀院長がとても素晴らしいと思います。
また、湊の指導医の瀬戸先生が、はじめは湊の事をやっかいな医師と思っていたけど、だんだんと湊の実力や性格を理解し接していく姿に魅力を感じました。
病院経営がうまくいかない中、経費がかかる小児科を閉鎖しようと策略する猪口副院長がむかつく感じで、裏で間宮医師を取り込もうとしたりと病院の為ではなく、自分の為に動いていることがイライラしました。
高山先生の恋人の東郷美智が統合病院の経営で悩んでいるところがかわいそうで、猪口副院長の言いなりにならざるを得ない感じがかわいそうでした。
湊は小児科の患者の子供達のことをよく観察していて、ちょっとした事でも気にしてみているとことがすごく、子供目線で見ているところが素敵だなと思いました。湊のセリフはとても長く難しい医療用語もあるため、山崎賢人さんの大変さがとても伝わってきました。
私は元々医療ドラマが好きで、これまで様々な医療ドラマを観てきましたが、この作品はその中でもかなり特殊だと思います。なぜなら、患者の病気を治す立場である医者自信が、「自閉症スペクトラム障害」というハンディキャップを背負っているからです。
しかもそのハンデは、外見からはほとんど分からないものなので、周囲にも理解されにくく、ストーリー序盤では同僚たちからもかなり冷遇されます。このあたりのストーリーは本当に見ていて辛く、胸に刺さりました。
しかし、主人公自身のひたむきでまっすぐな姿勢や、正しい道を選ぶ力などが見えてくると、次第に周囲の見る目も変わってきて、彼の実力が認められ始めるのです。
この流れは王道的ながら、観る人の胸を打ちます。また、彼のようなハンディキャップはなくとも、生来の性格的な問題から、彼に近い生きづらさを抱えている人もいると思います。
この作品は、そんな生きづらさを抱えている人に寄り添うような作品でもありました。序盤は辛い面も多い物語なのに、親近感が湧くからか目が離せませんし、そんな親近感のある主人公が、自信の前向きな心と努力によって、周囲にその性質を受け入れられていくさまに救われました。
山崎賢人さんの演じる自閉症の医師が、こどもの患者と心を通わせている様子を見ていて、自閉症を持っていたってちゃんとその人には感情があって、人と心を通わせたり笑ったり出来るのだという事を改めて感じさせてくれたお話です。
この主人公は、小さい時に目の前で自分を助けてくれた兄が目の前で亡くなるところを目の当たりにして、兄のように若くしてなくなる子どもを1人でも多く助けたいとの思いから医者になったという動機もじんと来ました。
なぜ兄が大好きだったかというと、自閉症をもって生まれただけで、親から偏見の目でみられ、暴力を受けていたが、兄だけは自分わ助けてくれたと話している場面が印象的でした。
そして、自閉症をもっていようといまいと頑張って努力すれば、立派な医者になれるのだというメッセージが視聴者に込められていると思いました。
わたしも医療従事者だったので、共感できる部分はたくさんありました。上野樹里さん演じる先輩医師が手術を行った事で、子どもの命が助からなかったこと、だけれどどちらにしても急変していた恐れは十分にあり、助けたい一心で手術に臨み、その子の命を縮めてしまったと涙するばめんが忘れられません。
医療に携わっていると本当に患者さんの命に関わる事も数多くあります。その度に、後悔したり自分を責めたりしますが、同じ戦友である医療者の言葉に救われる事も実際にあります。主人公の医師がその上司を勇気づける場面は、心から感動しました。
また、誕生日を迎える子どもが、誕生日会を楽しみにしていたのに、抗がん剤治療を、受けなければならなくなり、クリーンルームに収容され参加できない話の回では、ほかの小児たちがクリーンルームに向かって「365日の紙飛行機」を合唱するシーンでは、涙が止まりませんでした。
コミュニケーション能力に障害がある青年・新堂湊が、数々の困難を乗り越えながら小児科医として奮闘する姿が描かれた作品「グッドドクター」。
小児科医に入院する子供たちの元気な姿をみると、こんなにも多くの子供たちが色々な持病を抱えながら日常を過ごしているのかという現実に胸が痛む。湊の「すべての子どもを大人にしたい」という願いは、すごくわかりやすく響く言葉で胸につきささる。
忘れられないのはやはり最終話。川で溺れた美咲が心肺停止で運び込まれ、脳死の宣告を受ける両親。ついさっきまで元気だった自分の子供が、もう生き返ることは難しいと言われ、その現実を受け入れなければならない両親の心情が痛いほど伝わってきた。
湊の提案で美咲の最後になる7歳のお誕生日を開く。大切な人を亡くしたことがある湊だから提案できたお誕生日会、人の気持ちにそっと寄り添える言葉かけや距離感全ては、やはり同じ痛みを経験したことがないとなかなかできないのだろうと感じた心に残るシーンだった。
全話を通して、瀬戸と港が距離を縮めていくところ(アイスキャンディーを分け合って食べたり、ご飯を食べたり)が、とても温かいなと感じられた素敵なドラマだった。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金はかかりません!

\登録は3分で完了!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です