ドラマ「ノーサイドゲーム」の動画が1話から無料で視聴できる配信サービス

ノーサイドゲームのキービジュアル

2019年にTBS系で放送され話題となった、池井戸潤原作のドラマ「ノーサイドゲーム」。

この記事ではドラマ「ノーサイドゲーム」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、ノーサイドゲームはTBSがサービス提供しているParavi(パラビ)で独占見放題です。

FODのノーサイドゲームトップ

Paravi
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム

Paraviは月額1,017円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. ノーサイドゲームはParaviで全話見放題
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額1,017円でTBSやテレビ東京のドラマやバラエティーが見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

ドラマ「ノーサイドゲーム」はParaviで全話見放題

Paraviのトップページ

TBSやテレビ東京、WOWOWなどが連携している動画配信サービスのParavi(パラビ)では、「ノーサイドゲーム」が全話見放題です。

全10話が揃っています。

paraviのノーサイドゲーム

またParaviでTBSやテレビ東京で放送された歴代ドラマやバラエティーなどが見放題です。

paraviのラインナップ

Paraviは月額1,017円ですが、初回2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずは「ノーサイドゲーム」をイッキ見しましょう!

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

Paraviの登録方法

Paraviの登録手順を写真つきで解説します。面倒な手続きもなく、2分ほどで完了しますよ。

STEP.1
公式サイトに移動
Paraviの登録方法①

Paravi公式サイトに移動し「まずは2週間無料体験」をタップします。

STEP.2
アカウントを作成
Paraviの登録方法②

アカウントの作成方法を選びます。
メールアドレスのほか、外部アカウントでも登録可能です。

STEP.3
情報を入力
Paraviの登録方法③

名前、メールアドレスなどを入力します。

STEP.4
支払い方法を選択
Paraviの登録方法④

支払い方法を選択し、決済情報を入力します。
無料体験中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されます。

STEP.5
登録完了
Paraviの登録方法⑤

規約同意にチェックを入れて「登録する」をタップします。

管理人

登録は2分ほどで完了します!

ドラマ「ノーサイドゲーム」のあらすじ・感想をピックアップ!

あらすじ
トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。
ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。
異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。
社長である島本 博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。
しかし後がないのは君嶋も同じ。自らの再起を考えた君嶋は・・・。
引用元:Paravi公式サイト

次に視聴したことのある人の感想を集めてみました。ネタバレなしの感想3つ、ネタバレありの感想2つを紹介します。

池井戸さん原作のドラマはいつも熱量がすごくて、すぐに感動してしまいます。善と悪の戦いで、最後に必ず善が勝利するという意味では、視聴者のカタルシスは半端ないです。
我が家も、息子も大好きで、いつも池井戸さんものは、一緒に見ています。トキワ自動車の経営戦略室の次長が工場の総部部長に左遷されるあたりから、もうこのドラマはキナ臭くて、サラリーマン社会の厳しさを感じさせてくれました。
最初は未来があまりないラグビー部のゼネナルマネージャーにもなりますが、大泉さんとても熱い演技で涙ぼろぼろです。選手たちに受け入れられるために、スーツを着たまま泥まみれになって練習します。
あそこは、最初の涙腺崩壊の場面だと思います。彼の熱さは、スポーツマンならすぐに受け入れるような真面目さがあり、本当に心を打ちます。奥さん役の松さんにはこっぴどく叱られます。
この奥さん怖すぎだけど、心根はやさしいのですね。選手たちに受け入れられてからが、本当の大変さが大泉さんを襲います。監督選びから始まって、ラグビー部の存続問題、常務との戦いと、本当の勝利まで、たくさんの難題がありましたが、見事乗り越えていきます。
その度に大泉が苦悩する姿、本当に日本のサラリーマンは偉い、の一言に尽きます。この、ドラマのおかげで、嫌いだったラグビーが好きになり、出演していた選手も大好きになりました。
大泉洋さんが演じる主人公君嶋が、ラグビーチームのアストロズの赤字を無くそうと奮闘するドラマです。社会人チームを描くドラマは珍しいと感じます。
よく学生のスポーツのドラマや小説がありますが、学年が終われば否応なくメンバーが変わっていくもので、そこに感動があると言えばあります。しかし、赤字なんて問題は出ないし、それに対処するのに1年でというのはやはり無理があります。
その点、このドラマは長いスパンで描いていて、そこにリアリティがあり、また、学生とは違う悩み、年齢的な衰えや会社員としての悩みなどが織り込まれていてとても興味深いです。
自分の好きな登場人物は、アストロズのメンバーの一人の佐々です。主役ではありませんし、すごくたくさんセリフがあるわけではありませんが、周囲に対する優しい気遣いが滲み出ていて、時として殺伐となりそうなドラマにホッとさせる雰囲気を作ってくれます。特に、君嶋の息子である博人にラグビーを教えているシーンが印象的です。
自身も休みたいと思うのではと思いますが、うまくなりたい博人が休憩せずに練習を続けるのに付き合います。他の会社のチームや、常務などとは違い、アストロズが勝利やお金にだけ拘らず、優しさのあるチームであることを示していると思います。
「ノーサイドゲーム」は、社会の厳しさとともに、人間性の大切さを感じさせるドラマだと思います。
2019年、日本中を熱狂させたラグビーワールドカップは、多くの人の記憶に新しい出来事と思います。
そのワールドカップに先駆けて放送されたノーサイドゲームでしたが、元選手や学生時代ラグビーを経験した役者さんをキャスティングしており、迫力のある場面が多く見ごたえのある作品でした。
たくさんの日曜劇場に原作を提供している池井戸潤さんの作品がドラマ化というだけで、視聴者の期待値は計り知れないほど高くなりますが、見事に応えてくれていたと思います。
ラグビー日本代表で主将を務めた、廣瀬俊朗さんの、初演技とは思えない、堂々たる姿が印象的でした。
また、主演の大泉洋さんの奥さんを演じた松たか子さんも印象に残っています。
少し頼りない旦那さんを叱咤激励する姿をみて、あんな奥さんがいたら、ちょっぴり怖いけれど、心強いだろうな、と感じました。
逆境に立ち向かう登場人物たちを、米津玄師さんが歌う主題歌「馬と鹿」が後押ししていたのもはっきりと覚えており、今でもこの歌を聴くと、必死にボールをゴールへと運ぶドラマの様子と、そのあとテレビ観戦したワールドカップの情景が思い出されます。
まちがいなく、ワールドカップでのラグビーブームの火付け役になったドラマだと思います。
男のスポーツであるラグビーを感動的に演出したノーサイドゲーム、このドラマは一生懸命に仕事をすることの大切さ、同時に正義を貫くことの価値を高めてくれる、そのようなものだと思います。
アストロズというラグビー部存続が危ぶまれる状況の中で、どうやって人気を得るのか、また社会に役立つ存在になれるのか、会社からも、それを応援する人たちのサポートを得るために奮闘する部員、そしてそのリーダーでもあるゼネラルマネージャーの君島、本当に熱く泥臭く、そして最後には笑えるハッピーエンドな結末、本当に最高です。
見所は、やはりトキワ自動車と君島率いるラグビー部との内部での権力争いと、それに巻き込まれつつも、出世のために汚いやり方をする、上司をぎゃふんと言わせる君島の行動力です。
強さと優しさを持つ魅力的な君島ですが、家庭に帰ると、それよりも強い松たか子演じる妻の前になにもできないところのギャップもまた好感できて楽しいです。ラグビー部同士の闘志むき出しのトレーニング、死んでもええという覚悟、絶対に勝つ、汗臭い青春ドラマを男たちが演じる姿は清々しく、実に爽やかです。
劇的ドラマでどれも好きですが、七尾が自分の弱さを克服できず、もがいているところを、仲間の助けで、最後は乗り越えるシーンがとても大好きです。
ドラマ・ノーサイドゲームが放送されていた時はちょうどラグビーのワールドカップが盛り上がってたと言う時期もあり日本がラグビー熱で盛り上がっていました。
ミーハーな私も例外ではなく、非常に興味深く見ることができました。
それまでラグビーなど興味もなく、ルールもほとんど知りませんでしたが、ノーサイドゲームを見ているうちにラグビーのルールに関してもある程度の知識を身に付けることができるようになったため、ワールドカップを見ていてもとても楽しかったですね。
私は主役の大泉洋さんを昔から応援していたため、「ついに日曜9時のドラマの主演を演じるようになったのか」と非常に感慨深い思いで見ていました。
最後の方で、自分が信用していた上司に裏切られたと言うことを知り、泣きながら「あなたが黒幕だったのですね・・・」と言っているシーンはグッときました。
また爽やかなイメージで売っている上川隆也さんが意地悪な上司の役で出ていたのも印象的でしたね。
実際には黒幕は彼ではなかったので、一安心(?)といったところですが、こんな役回りもできるんだなぁと感服しました。
ノーサイドゲームでは実際の試合のシーンがリアルに描かれており、本当に試合を見ているような手に汗を握るような気持ちで楽しめました。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です