ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の動画が1話から無料で見逃し視聴できる配信サービス

TOKYO MER~走る緊急救命室~のメインビジュアル

2021年7月からTBS系でスタートした新日曜ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」。鈴木亮平さん、賀来賢人さん、中条あやみさんらによる緊迫した救命救急ドラマということで注目が集まっています。

この記事ではドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、「TOKYO MER~走る緊急救命室~」は動画配信サービスのParavi(パラビ)で独占見放題配信中です。

Paravi
Hulu
Netflix
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム

Paraviは月額1,017円かかりますが、2週間無料体験ができます。

なお2週間以内に解約した場合、料金は一切請求されません。

ポイント
  1. ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」はParaviで全話見逃し配信中
  2. 初回2週間無料体験ができる
  3. 月額1,017円でTBSやテレビ東京のドラマやバラエティーが見放題

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」はParaviで1話から見逃し視聴できる

paraviの新TOPページ

TBSやテレビ東京、WOWOWなどが連携している動画配信サービスのParavi(パラビ)では、ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」が1話から見逃し配信中です。

全話見放題で視聴できるのはParaviだけです。

paraviのTOKYO MER

さらにParaviではTBSやテレビ東京で放送された歴代ドラマやバラエティーなどが見放題です。

paraviのラインナップ改

Paraviは月額1,017円ですが、初回2週間無料体験ができるのでお気軽に試してみてください。

まずはドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」を1話からイッキ見しましょう!

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

Paraviの登録方法

Paraviの登録手順を写真つきで解説します。面倒な手続きもなく、2分ほどで完了しますよ。

STEP.1
公式サイトに移動
Paraviの登録方法①

Paravi公式サイトに移動し「まずは2週間無料体験」をタップします。

STEP.2
アカウントを作成
Paraviの登録方法②

アカウントの作成方法を選びます。
メールアドレスのほか、外部アカウントでも登録可能です。

STEP.3
情報を入力
Paraviの登録方法③

名前、メールアドレスなどを入力します。

STEP.4
支払い方法を選択
Paraviの登録方法④

支払い方法を選択し、決済情報を入力します。
無料体験中に解約した場合、クレジットカード情報は消去されます。

STEP.5
登録完了
Paraviの登録方法⑤

規約同意にチェックを入れて「登録する」をタップします。

管理人

登録は2分ほどで完了します!

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」のあらすじ・キャストは?

あらすじ
事故・災害・事件の現場へと駆けつけて、患者を救命するために発足した“TOKYO MER”。
救命救急チーム”TOKYO MER”のメンバーは、7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木亮平)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)。そして、厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)。その誰もが救命医療のスペシャリストたちだ。
発足記念式典の最中、バス事故で重篤患者が出ているとの通報を受けて、チームは現場へと急行する。そこには、何人もの命の危機に瀕した患者が待ち受けていた!複数の患者を危険極まりない事故現場でオペをするという前代未聞のミッションに挑む。
そして、医師の常識を超越した喜多見の救命行為は、厚生労働省で問題視されてしまう。
発足早々に解散の危機を迎るTOKYO MERに、工場爆発というさらなる試練が待ち受けていた…!喜多見とメンバーに難しい決断が迫られる!
引用元:TBS『TOKYO MER~走る緊急救命室~』公式サイト

喜多見幸太 … 鈴木亮平
音羽尚 … 賀来賢人
弦巻比奈 … 中条あやみ
千住幹生 … 要潤
冬木治朗 … 小手伸也
徳丸元一 … 佐野勇斗
喜多見涼香 … 佐藤栞里
ホアン・ラン・ミン … フォンチー
深沢陽斗 … 佐藤寛太

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の感想をピックアップ!

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の初回を視聴した人の感想を集めてみました。一部序盤のネタバレを含みますが、ご了承ください。

主人公の医師喜多見を演じるのが鈴木亮平なので「肉体派」の医師だろうなと予想していましたが、ドラマのしょっぱなから喜多見が体を鍛えていて驚きました。TOKYO MERの場所が車のある車庫みたいな作りもあり、喜多見が消防士が警察官に見えました。
現場に行ったらMERをよく思わない即応対策部隊長の千住が苦み走った顔で待っていましたが、喜多見はどこ吹く風でしたね。喜多見の見事な医療処置と采配ぶりに目を見張りました。厚労省の官僚でもある音羽医師も冷静に事に当たっていて、チームの優秀さを見せつけてくれました。
でも、そんな喜多見の行動は問題なんですね。厚労省は初めからMERをよく思っていないようで、音羽はその手先のようです。ただの救命医療ドラマじゃないんだなとその設定を面白いと感じました。
喜多見自身が音羽のことをどう思っているのか気になりました。喜多見は災害現場で一人でも多くの人を助けることしか考えていないふうに見えますが。
MER配属に戸惑っている研修医の弦巻が今後どう変化、成長していくのかも楽しみな点です。
個人的には要潤演じる即応対策部隊長千住と喜多見の肉体を駆使した懸垂バトルなんか見てみたいです。
医療ドラマというだけではなく、政治的な絡みも入ってくるため、幅広い層に見てもらいたいドラマです。まず印象的なのは、どんな現場でもブレない喜多見先生の笑顔です。レスキュー隊が必要な過酷な現場であっても、怪我人を助けるため、安心させるために、素早い行動の中でいつも笑顔で接していて、こんなにも患者として信頼できる医者はいないだろうなと憧れの目線で見ていました。その喜多見先生とは対照的に、政治家であり医者でもある音羽先生は、鋭い目つきで常に周りを見ていました。政治家の仲間なのか、MERの仲間なのかよくわからない行動が、今後の話の展開に大きく影響をしてくると思うので、キーマンとして気になるところです。そして研修医として嫌々参加している弦巻先生はが、今後どのように考えが変わっていって、誰の味方になっていくのかが楽しみです。現時点では喜多見先生のやり方に納得いかないものの、その心の葛藤が描かれているので、研修医としても成長し、どんな医者になっていくのか、成長を見守りたいと思います。何よりもハラハラするのは、危険な現場での医療行為です。オペ室を備えた車両で向かっているにも関わらず、現場でそのままオペを始めたりするので、そのハラハラドキドキ感がこのドラマの最大の魅力ではないでしょうか。
鈴木亮平さん演じる主人公・喜多見の判断力、行動力、そして医師としての技術の高さに冒頭から驚かされました。また、いち早く現場に駆け付け、患者を救命するために発足されたTOKYO EMRですが、選ばられた7名それぞれに能力を発揮している姿もまた凄味を感じさせます。「待っているだけじゃ、救えない命がある」と命を優先するために危険を省みない喜多見の行動は様々なところから批判的な目で見られてしまいますが、その行動力のお陰で命が助けられる患者の姿に心震えます。トラックとバスの衝突事故で多数の負傷者が出た現場では、トラックの運転手の居眠り運転と判断されていたことから、運転手の処置を行う喜多見に対して優先すべき命を訴える中条あやみさん演じる弦巻が見られます。しかし、命の危機が迫る患者を目の前に優先順位をつけることなく処置を行う喜多見の姿に胸が熱くなりました。その後、居眠り運転が原因ではないということが分かり、喜多見の命の向き合い方だからこそチーフドクターに選ばれたのだと感じさせました。しかし、喜多見と喜多見を選んだ石田ゆり子さん演じる赤塚にはバレたら大ごととなる秘密があるようで、その秘密が今度の活動の妨げになってしまうのでは不安を強くしました。赤塚の敵陣スパイである賀来賢人さん演じる音羽がEMRを潰すよう指示されているにも関わらず救える命の奔走していることから、今後音羽がEMR存続のキーパーソンになると感じます。喜多見によって初回から影響を受けている音羽が今後どんな変化が見られるのか目が離せないと感じました。
鈴木亮平が主役ということですが、個人的に彼の雰囲気とキャラクター、演技力が好きなためかなりこの作品は見る前から期待していましたし放送を楽しみにしていました。1話を見てみて、やはり鈴木亮平は熱いキャラクターが似合っているなと感心しました。ドラマ全体に関しては、スタートダッシュの緊迫感が映画さながらで迫力あり一瞬にして作品に惹きつけられましたしクオリティーの高さに圧倒させられまくりでした。鈴木亮平以外の役者たちもかなり豪華で演技力も高く、既にそれぞれが適役な感じがしました。また、レギュラーではない役柄に要潤を起用するとは驚きで、あまりにも豪華すぎるようにも思いました。医療に関するストーリーとして、前例がないと中々挑戦できないけれど、挑戦しないと救える命も救えないという葛藤がもどかしく、考えれば考えるほど難しいなと感じました。重大事故、災害、事件の現場に駆けつけ、命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく、救命救急チームとして、これからTOKYO MERのメンバーたちがどれほどの活躍と勇気、そして感動を視聴者に与えてくれるかがかなり楽しみです。最終話までしっかりと見届けたいと思います。
スリリングな救急医のストーリーにハラハラドキドキさせられました。主人公でリーダーである喜多見を演じる鈴木亮平さんがかなり過酷な現場でもてきぱきと指示を出していてすごくかっこよかったです。一般の方なら躊躇してしまうような悲惨な場面であっても人命を助けることを優先に動くところは救急医のお手本のような人物だなと思いました。鈴木亮平さんの鍛えられた肉体にも見惚れてしまいました。TOKYO MERのメンバーも皆さん個性的でこれからのいろんな危険な場面でも頼もしく動いてくれそうな期待感がありました。臨床⼯学技⼠の徳丸くんはどこかで見たことがあるなと思っていたら前クールのドラゴン桜でちょっと陰湿な米山君を演じていた佐野勇斗さんだったので、びっくりしました。今回の役柄はすごく爽やかな役なのでこれからメンバーとの絡みが楽しみです。また、TOKYO MERのメンバーのドクターながら厚労省の官僚という特殊な存在である音羽さんがとても気になります。優秀な医者でありながらスーツ姿での官僚の仕事も似合っていて、本当にこういう人は存在するのかなと思ってしまいます。誰でも助けようとする喜多見と対立する立場でありながら、医者としては適格にサポートをしてくれるところもあり、これからのドラマ展開でのキーパーソンになりそうですね。演じている賀来賢人さんが渋くてすごくかっこよかったです。

Paravi(パラビ)なら「TOKYO MER~走る緊急救命室~」が1話から見逃し視聴できます。

管理人

2週間以内に解約した場合、料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です